コンテンツ詳細

年中気になる足の臭い。

もしかして周りに気づかれているかも…?と不安になることも多いのではないでしょうか。

自分で気づく=周りも気づいているといわれる足の臭いですが、実は洗い方で改善できるってご存知でしたか?

足が臭くなる原因から、臭いにくくする洗い方まで、足の臭いに悩むなら知っておかなければ損ですよ!

足はホントは臭くない?!

臭くない?
まずお伝えしたいのが“足は臭くない”ということです。

え?と思う方もいるかもしれませんが、本来足というのは無臭なのです。

その理由は汗腺の種類にあります。

人間の汗腺は2種類あり、「エクリン線」「アポクリン線」に分かれます。

「アポクリン線」は体の中でも耳の中や脇などのごく限られた部分にしかなく、ほとんどが「エクリン線」から発汗しているのです。

この「エクリン線」から出る汗は99%が水分なので、臭うことはほぼないのですね。

ではなぜ足が臭うのか?

その原因をいくつか紹介していきます。

足が臭くなる4つの原因

足が臭くなる原因

女性のほうが気になるのに女性のほうが臭くなりやすい足ですが、臭くなるにはきちんとした理由がいくつかあります。

自分に当てはめて、どれが該当するか考えながら見ていってくださいね。

足臭原因その①:雑菌の繁殖

雑菌の繁殖
素足でパンプスを履いたり長時間ブーツを履いたりして、足に皮脂や角質が溜まると雑菌が繁殖しやすくなります。

この雑菌臭が足が臭う原因になるのです。

洗い方が不十分な場合も皮脂や角質が残ったままになるので、とくに蒸れたあとや洗ってもなんだか臭うという場合は雑菌の繁殖によるものである可能性が高いです。

足臭原因その②:汗に含まれる成分

汗に含まれる成分
先ほど99%が水分とお話しましたが、不健康な方や残りの1%のなかに強く臭う成分が含まれている場合は汗自体に臭くなる成分が含まれている可能性があります。

「酢酸」と「いそ吉草酸」は、それぞれ代表的な足臭成分です。

酸っぱい臭いやチーズのような臭いがする場合はこの可能性が高いです。

足臭原因その③:爪や水虫の臭い

水虫
足そのものではなく、足周辺や水虫などの病気の場合はいくら足をケアしたところで意味がありません。

爪の中に汚れや垢が溜まっていれば当然そこから臭いが発生しますし、水虫であればそこから臭いが発生します。

足だけではなく、爪や皮膚にも気をつけることで改善されやすくなります。

爪のケアをしない人や水虫の可能性がある場合は、1度チェックしてみてください。

とくに水虫の人は先ほど紹介した「いそ吉草酸」が発生しやすくなるので、より臭いが強烈になる場合があります。

足臭原因その④:不健康な汗

汗
その②でもチラッと出てきましたが、不健康な汗はそのものが臭う場合があります。

これは多汗症やストレス過多の人に出やすい症状で、汗自体の水分割合が低下しサラサラしていない黄色がかったような汗が出ることがあります。

緊張すると手汗がすごい人や仕事のときだけ足が臭う人、刺激物を好んで摂取する人は注意が必要です。

足臭撃退!臭わない洗い方はコレ

洗い方
ではどんな洗い方をすれば臭いにくくなるのでしょうか。

足の洗い方には、いくつかポイントがあります。

洗い方ポイントその①:臭いやすいのはココ

洗い方
足の中でも爪や足の指の間と付け根など、とくに臭いやすい場所を意識して洗うことで洗い残しを防ぐことができます。

とくに長時間蒸れることを避けられない場合や、いつもシャワーで済ませてしまう場合には意識してみると変化が感じやすいかもしれません。

洗っても臭い場合や、蒸れやすい場合などに有効です。

とくに爪はこまめに切るようにし、たまに爪楊枝や歯ブラシなどで掃除してあげるとより清潔に保つことができます。

洗い方ポイントその②:正しい洗い方で洗う

洗い方
足は意外と適当に洗ってしまう人が多いと思います。

ただし臭いが気になる場合は、正しく丁寧に洗うことでしっかりと洗うことができます。

《正しい足の洗い方》

  1. しっかりと水分を含ませる(洗う前にお湯につけておくことで汚れが落ちやすくなります。)
  2. きちんとあわ立てた石鹸を使う(ボディーソープは保湿成分が入っているので蒸れの原因になります。固形石鹸があればそのほうがGOODです。)
  3. やさしく手洗いする(足用のブラシなどを使うか、手洗いで低刺激かつ丁寧に洗うことが大切です。)
  4. しっかりと水気をふき取る(水気が残っていると蒸れやすくなります。)
  5. やすりでかかとケア(十分に水分を含ませたので、要らない角質だけが剥がれ落ちます。週に1度軽く10回ていど擦ればOKです。)

洗い方ポイントその③:石鹸の成分にも注目

石鹸の成分
ポイント②でも出てきましたが、足の臭いにはボディーソープよりも固形石鹸がおすすめです。

ボディーソープのほとんどに含まれている保湿成分は足を乾燥しにくくさせ、蒸れや水虫の原因にもなります。

効果的な成分が入ったものを使うとより良いので、新しく購入する場合は以下の成分が配合しているかを参考にしてみてください。

  • 殺菌成分:雑菌を繁殖しにくくする成分です。菌による臭いに効果的です。
  • 消臭成分:いわゆるデオドランド効果です。臭いを抑制する効果があります。
  • 天然クレイ:汚れや角質を落とす成分です。雑菌の繁殖を防ぎます。

このような成分が配合されていれば、石鹸でもボディーソープでもOKです。(保湿成分が入っているものは控えたほうが良いですが)

特に臭いが気になる時はしっかりとあわ立ててしばらくつけ置き洗いするとより効果的ですよ♪

洗うだけじゃ足りない!足臭ケア4選

足臭4選
しっかり洗っているけどなかなか改善されない場合は、お手軽に試せるこんな方法があります。

効果が感じられない場合は気になるものから試してみてください。

足臭ケアその①:皮膚を整える

足のケア
先ほど紹介した水虫などの皮膚トラブルに関して改善されていなければ、当然臭いは取れません。

水虫にはさまざまな種類があり、気づきにくいものもあるのであまり改善されないようなら皮膚科を受診してみてください。

痛くもかゆくもなくても、水虫な場合もありますよ。

足臭ケアその②:ミョウバンを使う

ミョウバン
足の臭いに有効なのがミョウバンを使ったケアです。

安価で購入でき、安全かつ効果的なのでおすすめです。

市販のミョウバン水を使っても、自分で薄めて使ってもOKですよ。

《ミョウバン水の使い方》

  1. 水1Lに対して、30g程度のミョウバンを溶かす。
  2. 完全には溶けないので、冷蔵庫で1晩ていど放置し使用前に振り混ぜる。
  3. 入浴後など清潔な足にスプレーなどで振りかけ、乾燥させる。
  4. 使用後は冷蔵庫で保管し、作ったミョウバン水は1週間~10日を目安に使い切る。

足臭ケアその③:靴もケアする

靴のケア
足が綺麗になっても、靴そのものが臭くてはもうお手上げです。

日ごろよく履く靴を臭ってみて、自分で臭いと思った場合はNGです!

靴は基本的に“1日履いたら2日休ませる”というので、理想としては3足をローテーションして履くと良いでしょう。

難しい場合は靴箱や靴の殺菌・消臭をすることで臭いを防ぎやすくなります。

  • ☆殺菌:靴を冷凍庫で一晩凍らせるか、ドライヤーなどで温めて温度で殺菌しましょう。
  • ☆乾燥:殺菌後もそうですが、普段から新聞紙や乾燥剤などを入れて乾燥させてあげましょう。
  • ☆消臭:天日干しや重曹(布袋やストッキングなどに入れて靴や靴箱の中へ)を使用して、消臭することで染み付いた臭いを取ってあげましょう。

足臭ケアその④:蒸れにくい環境づくり

蒸れにくい環境
雑菌の繁殖にとってオイシイ話が蒸れていることです。

ほどよい湿度は雑菌を活発にし、臭いの原因となります。

普段から蒸れにくい靴を履いたり、吸湿性のよい靴下を履いたり、こまめに脱いで乾燥させることで蒸れにくい環境を作りましょう。

足用のパウダーやスプレー、殺菌効果のあるクリームなどを使用しても良いですね。

まとめ

蒸れにくい
いかがでしたか?

足の臭いには意外な原因やきちんとした洗い方があることがお分かりいただけたと思います。

  • 足の臭いのは4つの原因があった
  • 正しい洗い方と石鹸の選び方で臭わない足づくりを
  • それでもダメならお手軽ケア4選を試してみる

以上の3点について、説明してみました。

夏も冬も年中気になるその足の臭いに、そろそろサヨナラしませんか?

足が臭くて悩んでいる人は、今日から洗い方を変えてみてください。

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る