コンテンツ詳細

安価でドラッグストアなどでも手に入る消毒用エタノール。

よくインフルエンザの予防などで使用されていますよね。

消毒ということで殺菌するわけですが足の臭い対策に役に立つのかどうか、今回はそんなアルコール消毒が足の臭いの防止に役に立つのか、また使用する上での注意点などを書かせていただきたいと思います。

足の臭いの原因

足臭い原因とは
まず臭いの原因について調べてみましょう。

足は思っている以上に汗をかいています。

なんとその量は1日にコップ1杯分と言われています。

ただし、足の裏に多くを占めているエクリン腺から出る汗はほぼ水分で構成されているため汗単体ではあまり臭うことがありません。

足は靴下や靴といった環境下で蒸れやすい場所です。

その蒸れという高温多湿の環境は雑菌やバクテリア繁殖しやすく、その雑菌やバクテリアが繁殖し汗や古い剥がれた角質などを分解することによって臭いが発生します。

アルコール消毒の効果

アルコール消毒の効果
アルコール消毒は日常的にノロウィルスやインフルエンザの予防対策に使用されています。

消毒用エタノールは値段も安くドラッグストアなどで手に入るので手軽でもあります。

さて、この消毒用のエタノールは足の臭いに効果はあるのでしょうか?

足の臭いの主な原因の一つは雑菌やバクテリアなどです。

それを消毒用エタノールで殺菌するわけですから原因の一つが解消されることになります。

つまり足の臭いの対策になるということになります。

アルコール消毒の注意点

注意点
消毒用エタノールよりも濃度の高い無水エタノールというものがありますが、アルコール消毒にはただ濃度が高ければそれほど効果が高いというわけはなく高過ぎると殺菌能力が落ちてしまいます。

なので殺菌を目的として使用する場合は消毒用エタノールを使用するようにしましょう

もともとエタノールは引火性液体です。

消毒用エタノールは濃度が高く取り扱いには注意が必要です。

アルコール消毒は殺菌能力は高いですが足に直接使用してしまうと皮膚を守る効果のある皮脂などをも洗浄・消毒してしまうことが考えられます。

そうすると足の肌が荒れたり、カサカサになってしまったりする可能性があります。

さらにはひび割れなどおこしそこに雑菌やバクテリアなどが入り込んでより強い臭いを発生させてしまう可能性もあります。

そのため靴などの殺菌のために使うのであればともかく直接足に使用するのは臭い消しの専用のデオドラントクリームなどの製品などの使用を考えたほうが良いでしょう。

足の臭いをどうにかしたい人ための「NO!NO!SMELL!(ノーノースメル)」

ノーノースメル

(出典:NO!NOSMELL!)

値段 通常3,300円 ⇒ お試しコース価格2,970
内容量 30g(両足約1ヶ月分)1日約100円
公式HP https://www.nonosmell.com/
評価 美白,化粧品,ランキング,比較,体験談


一日朝と夜の二回塗るだけ!

これ一本で瞬間的な臭いへの対処である防臭と制汗、そして継続的な臭いへの対処である殺菌と角質ケアができる優れもの!

やわらかなクリームタイプで指の間も塗りやすく、ベタつきもなく塗った直後からすぐにサラサラ身支度で忙しい朝でもバッチリです。

「ノーノースメル」お客様の声

口コミ

M.N様 (40代・男性)

最初はあまりわからなかったのですが帰宅してから靴を脱いだときに

いつの間にかあのツンとしたニオイがきにならなくなっていました。

使い続けるうちにだんだんと実感度も上がってきて、〜

引用元:北の快適工房

小森由隆様 (30代・男性)

香りが良く、しっとりするけどべたつかないクリームがいいです。

何よりこれ1本でOKという使いやすさが気に入りました。

使用して2週間目くらいから、悩んでいた不快なニオイが

だんだん減ってきているのを実感しています。

引用元:北の快適工房

樋口陽子様 (20代・女性)

毎日出勤前にも対策を心がけているのに、

時間がたつと必ず発生するニオイに悩んでいました。

でも、この商品を使用した日はいままで悩まされていた時間に

なっても全然気にならないことに気づいたんです!

引用元:北の快適工房

このように不快な臭いに対して効き目がバッチリなことがわかります!

ノーノースメル公式

関連記事 : 気になる足・靴の臭い匂いをコレで消せ!消臭殺菌のオススメランキング

アルコール消毒の使用方法

使用方法
アルコール消毒は前述のとおり直接足に使用すると足がカサカサになったりひび割れの元になる可能性があるためあまりお勧めできません。

おすすめの使用方法は靴やブーツの殺菌などに使う方法になります。

コットンなどに染み込ませた消毒用アルコールで内側を拭くように使いましょう。

そして拭いたあとは風通しのいい場所でしっかりと乾かしましょう。

ただし、靴の種類によっては色落ちや、変色してしまう場合がありますので気をつけましょう。

まとめ

まとめ
アルコール消毒は足そのものに使用すると肌が荒れたりしてしまう可能性があるためあまり向いていないませんが、靴やブーツの殺菌という面では効果が期待できそうです。

足そのものはしっかりと洗ったり、専用のデオドラントクリームなどをして防ぐようにしましょう。

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る