コンテンツ詳細

皆さん、4月に始まった新生活には慣れる事が出来ましたか?

スーツや革靴にまだ違和感を感じられている方もいらっしゃるでしょう。

あるいは通勤通学の経路が変わり徒歩での移動が増えたという方もいらっしゃると思います。

環境が変化すると体も変化する

かく言う私も、新生活の通学方法の変化に伴い人生初の水虫を患ってしまった身であります。

あの頃の私の足の臭いはと言いますと、帰宅し靴下を脱ぐと、自分の足の臭いで気分が悪くなる程酷いものでした。

そもそもなぜ足は臭くなるのか?

なぜ

  1. 足の裏が汗をかく。
  2. 臭いの原因となる雑菌やバクテリアが分泌された汗を餌に繁殖する。

以上が足の臭いが発生する大まかなメカニズムになります。

どうやって解消するのか?

   
解消方法

勘がいい方はお気づきかと思いますが、私は水虫と足の劇臭を見事克服出来たのです。

しかも低コストで。 

さてその方法を悩める皆様にお教え致します。それは、、、

  ミョウバン&重曹! 

ミョウバン&重曹の性質

重曹     

まずはミョウバンと重曹の性質を知っていただいた上で、それがどのように作用するのか順を追って解説していきたいと思います。

ミョウバンの性質

      

  • 水に溶けると酸性なるのでアンモニア等臭いの原因となるアルカリ性分子を中和する。
  • 収れん作用(組織を収縮させる作用)を持つので制汗作用がある。

  

重曹の性質

          

  • 弱アルカリ性なので臭いの原因となる酸性物質を中和する。
  • 分子の粒が大きいので皮膚表面の余分な老廃物を削りとってくれる。

以上がミョウバンと重曹の、こと肌に関わる性質になります。 

どのように重曹&ミョウバンを用いて足の臭いを解消するのか? 

方法          

肝心要の使用法について解説致します。

今回は一番お手軽な水で割って足を浸す方法をご紹介いたします。

  1. ぬるま湯1000mlに対し、重曹であれば小さじ7杯ミョウバンであれば小さじ2杯程度の分量で希釈します。
  2. 足を浸し15分程放置。

以上になります。簡単ですね。

使用上の注意点

注意点        

重曹は先ほども説明した通り研磨作用を持ちますので濃く作り過ぎてしまうと肌が荒れ、逆に細菌の温床となってしまいかねません。

欲張り過ぎても逆効果になってしまいますので注意して下さい。

また2つを混ぜて使うとおそらくお互いが中和しあい何の意味も無くなってしまいます。

私の治療体験記

治療体験       

私の場合は夜はまず重曹水に足を浸し、その後ミョウバン水に浸す様にしていました。

朝は汗を防ぐためティッシュをミョウバン水に浸し水虫の患部に付けていました。

この治療を始めて一週間程で水虫も足の臭いも治まりました。

やはり対応が早ければ早い程治りも早くなるのだと思われます。

実際に水虫などは長期に渡り放置すると原因菌が内部に入り込んでしまい完治が難しくなってしまうようです。

また、基本的な問題ではありますが靴下は清潔に保つ必要があります。

要は原因菌の繁殖を防ぐ事が出来れば、足の悩みからは解放されます。

雨の日や夏は代えの靴下を用意しておくのも手の一つです。

足の臭い解消法まとめ

まとめ
     
ここまで重曹&ミョウバンを用いた足の臭い解消法を解説してきましたが、自宅で手軽に対処しようとする際に重要になってくる点を4つ挙げたいと思います。

  • ◎肌荒れを防ぐため重曹は濃く作らない。
  • ◎靴下は清潔に保つ。
  • ◎重曹とミョウバンを混ぜ合わせて使わない。
  •  

  • ◎とにかく早く対処する

以上を守った上で治療していただければ早期の回復が見込めます。

思い立ったが吉日。
このページを見てくださった足に悩みを抱える方は今すぐ重曹とミョウバンを買いに走って下さい。

足の悩みから解放され快適な毎日を過ごしましょう!

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る