コンテンツ詳細

ニオイ対策してるのに、なぜか足臭い・・・なんてことありませんか?

もしかすると、そのニオイの原因は糖尿病かもしれません。

糖尿病の症状のひとつに体臭を強くすることがあるからです。

そこで今回は、足臭いと糖尿病の関係性から糖尿病によりなぜニオイが発生するのかまで、詳しく案内していきます。

まずは原因を知り、糖尿病に当てはまらないかチェックしてみて下さい。

足臭いと糖尿病の関係性

関係性

糖尿病になると、足臭いニオイは甘い香りに変化します。

これは足に限らず、全身の体臭も同じです。

糖尿病は、糖をエネルギーとして使用することができない状態になり、正常に糖を代謝できなくなります。

その結果、高血糖の状態が慢性化することで、様々な弊害を引き起こすようになるのです。

糖尿病になると、糖を体のエネルギーとして使うことができなくなります。

そうすると、体内の脂肪を分解し、脂肪酸をエネルギーとして使うようになるのですが、そのときにケトン体という物質を作り出します。

このケトン体が甘い香りの正体で、体臭変化の原因なのです。

糖尿病になる原因

原因

糖尿病になってしまう原因は、体にあるインスリンが不足して高血糖となることで起こります。

血糖値とは血液内のブドウ糖の濃度ことをいい、通常はインスリンの効果でほぼ一定に保たれているのですが、インスリン不足になると血糖値が上がり高血糖となります。

この高血糖が続くことにより、さまざまな合併症を引き起こす糖尿病となるのです。

インスリン作用の不足は、膵臓からのインスリン分泌の低下によっても、また末梢組織(筋肉・肝臓・脂肪)におけるインスリン感受性の低下(インスリン抵抗性)によっても、両者が種々の程度加わっても生じます。

つまり、十分なインスリンが分泌されていなかったり、分泌されても上手く作用できなかったり、また両方の要因が重なって糖代謝の異常が起こり、高血糖を招きます。

インスリン不足になる理由

理由

運動不足、食べすぎで血液中のブドウ糖が多くなると、インスリンを分泌する唯一の臓器であるすい臓が疲労していきます。

この、すい臓が疲労により疲弊するとインスリン分泌能力を失い、機能しなくなりインスリン不足になるのです。

糖尿病かも?と思ったら

病気

糖尿病は初期症状がわかりにくい病気です。

気がついた時には症状が進行し、治療もより大変になります。

もし、自分の足が甘い香りがするのでしたら糖尿病の初期症状に含まれる症状なので早めに病院へ行くようにして下さい。

糖尿病の本当に恐ろしいのは、合併症です。

早期発見で早い段階で適切に治療を受ける必要がありますので、少しでも疑問に思うようでしたら検査するようにしましょう。

糖尿病チェックリスト

チェック

次の項目について該当するものにチェックをつけてください。

項目 チェック
問 1 血糖値が高いという診断を受けたことがある
問 2 肥満気味である
問 3 目がかすむ
問 4 (親・兄弟)に糖尿病の人がいる
問 5 40歳以上である
問 6 週に一度でもお酒を飲み過ぎることがある
問 7 野菜を食べない日が多い
問 8 運動不足である
問 9 喫煙習慣がある
問 10 尿の量・回数が多くなった

※糖尿病チェックリストの数が多く当てはまる方は、糖尿病のリスクが高いです。
一度検査しましょう。

特に問題なく、足のニオイだけ気になる方は、
「 気になる足・靴の匂いをコレで消せ!消臭殺菌のオススメランキング 」
こちらの記事を参考にしてみて下さい。

足臭いを改善させる効果的なモノばかりです。

まとめ

まとめ

今回は、足臭いと糖尿病の関係性と糖尿病によりなぜニオイが発生するのか?について案内してきました。

まとめると

  • 尿病になると、足臭いニオイは甘い香りに変化する
  • 糖尿病でニオイが発生するのは、ケトン体という物質が原因
  • 糖尿病チェックリストで該当する項目が多い方は早めに検査

となります。

足臭い原因は、こうしたら病気の可能性もあります。

そのまま放置し、手遅れにならないように注意して下さい。

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る