コンテンツ詳細

そもそもなぜ足は臭くなるのか?そのメカニズムをしることが改善への近道となります。

今回は「足臭い」の原因と、なぜ「汗」が悪臭を放つのか、どうすれば改善できるのか?

など詳しく説明していきます。

少しでも早く足の臭いから解放されたい方、汗を抑えたい方必見です。

汗

汗がでる穴には種類がある

体には汗がでる穴(汗腺)が2種類あり、それぞれを「アポクリン汗腺」、「エクリン汗腺」といいます。

ポイント1

アポクリン腺

アポクリン腺は体の一部に存在します。主にワキ、陰部、肛門などにあります。

成分は水分の他にタンパク質、糖質、脂質、アンモニアなどが含まれています。

白っぽく粘り気のあるのが特徴の汗です。

ポイント2

エクリン腺

エクリン線は全身に分布している汗腺で成分の99%が水分です。

サラサラとし無臭なのが特徴です。

足汗はエクリン線からでる汗になります。

ではなぜ足臭いは生じるのか?

汗が足を臭くする理由

原因

足が臭くなる人と全く臭わない人がいるのはなぜなのか?

それは足の環境による問題です。

足は高温で湿りやすいので、汗による角質が溜まりやすく、その角質をエサとする細菌(雑菌)がニオイ菌の元であるアルカリ性物質を生成し、悪臭を放ちます。

足の臭い方はこの角質を上手に対処できていない為、いつまでも改善されないのです。

ニオイを放つアルカリ性物質とは?

菌

足を臭くするアルカリ性物質は主に以下の物質です。

・イソ吉草酸(きっそうさん)
天然の脂肪酸で、独特の不快臭があります。納豆臭さがこれです。
・ノネナール
脂肪酸と過酸化脂質が結びつき発生する。加齢臭とも言われます。
・アンモニア

二酸化炭素が反応した尿素。尿臭の元です。

この中でも一番多く含まれるのがイソ吉草酸です。

これらの物質は汗そのものに含まれているのではなく、汗や角質を細菌がエサとし採取し、その分泌物から生じます。

つまり、これらの物質を発生させなくすることが足臭いを防ぎますので、できる限り汗をかかなく、角質を溜めないようにするのが大切です。

足臭いには適切なケアと改善方法

解決方法について

お風呂で丁寧に足の汚れ、汗や角質を落としニオイ菌が繁殖しないようにします。

自宅などでは出来るだけ靴下などを履かずに足を乾燥状態に保つのが必要です。

また、足の爪も垢などが溜まりやすいので爪は短くし清潔に保ちましょう。

それでもニオイを感じるのであれば出来るだけ早めに対処が必要になります。

早い段階であれば、ニオイ菌となる細菌も少ないので足臭い状態からすぐ開放されます。

ではどんな商品があるのか説明します。

臭いを洗って断つ「薬用柿渋エチケットソープ」

渋柿ソープ

商品名 薬用柿渋エチケットソープ
金額 1,886円
形状 石鹸タイプ
効果・効能 防臭・殺菌
主成分 柿タンニン・イソプロピルメチルフェノール
公式サイト http://www.eterno-kenkoucorp.com/

薬用柿渋エチケットソープには嫌なニオイを除去するための以下の成分が配合されています。

柿タンニン

柿渋の主成分。不快なニオイや加齢臭などに効果があり、長時間ニオイを消す持続性があります。

茶カテキン

緑茶から抽出された成分。ポリフェノール化合物の一種でニオイケアはもちろん、保湿効果もあります。

ユーカリエキス

精油、ポリフェノールの一種であるタンニンが主成分。ユーカリエキスはニオイケアの代表とも言われるほど消臭効果が期待できます。

これらの有効成分が洗浄、殺菌だけでなく体臭や汗臭、ニキビまでも防ぎます。

さらに、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「オリーブオイル」も含まれており肌に優しく保湿・美肌効果もあります。毎日使うものだからこそ肌に優しいのでオススメです・

薬用柿渋エチケットソープ公式

関連記事 :

気になる足・靴の匂いをコレで消せ!消臭殺菌のオススメランキング

足臭いのは汗が原因まとめ

なるほどですね

足の臭いの根源、汗について説明してきました。まとめると以下になります。

  • ・ニオイ菌(細菌)は汗を栄養とし増え、悪臭を発生させるので適切なケアが必要。
  • ・足を清潔に保ち、乾燥した状態を保つ。
  • ・洗ってもニオイが取れないときは、有効成分の入った専用の石けんを使う。

以上のように、ニオイ菌発生のメカニズムがわかれば今後、足臭さに悩むことはなくなります。汗をかいても足を清潔に保ち、ニオイ菌とさよならしましょう♪

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る