コンテンツ詳細

足の正しい洗い方と注意点

洗い方

靴を脱いだ時の足の臭いは、誰もが出来るだけ抑えておきたい臭いの一つですが、消臭スプレーを使っていたとしても、日頃の足のケアが疎かな場合、消臭スプレーだけでは臭いを抑えることが出来ない場合もあります。

大事なのは足をきちんと洗えているかどうかということで、正しい足の洗い方を実践していれば、足の臭いをかなり軽減することが可能です。

臭いの原因は足で繁殖する細菌が原因ですが、この細菌は足の汗や垢を繁殖の養分とするため、足を洗ったつもりでも垢がきちんと落とせていないと、知らず知らずのうちに細菌繁殖の温床となってしまう場合があります。

しっかりと

特に見落としがちなのがくるぶしの部分で、くるぶしを念入りに洗っていると言う人は少ないのではないでしょうか。

薬用石鹸などを使用したとしても、垢が落ち切れていないと全く意味がありませんから、くるぶしの洗浄も念入りに行う必要があると言えます。

それとかかと部分の角質に関しても、放っておくと角質内に細菌が繁殖することになりますので、日頃から角質を削るなどのケアを行っておかなければ足の臭いを抑えることは出来ないでしょう。

効果的な靴の手入れと注意点

注意

薬用石鹸などで足の洗浄が十分な場合でも、靴が原因で足の臭いが再発すると言うことも多々あります。

正しい靴の手入れを行っていない場合、靴を履くたびに細菌が足に付くことになりますから、日頃の靴の手入れが足の臭いを軽減する近道だとも言えます。

最もやってはいけない靴の履き方は、毎日同じ靴を履き続けると言うことです。

イメージ
一日中履き続けた靴の内部には、足からでた汗や皮脂などがたっぷりと付着しています。
細菌は適度な湿度と栄養があればどんどん繁殖をしていきますので、履いていた靴の内部はまさに細菌にとって最良の寝床だと言ってよいでしょう。

そのため毎日同じ靴を履き続けると常に靴の内部は湿った状態になってしまい、細菌を駆除することが出来ないと言うことになります。

ですので、3足程度の靴をローテーションで回しながら履くと言う方法が、足の臭いを軽減するための正しい靴の履き方です。
靴

靴の手入れに関しては、そのまま放っておいても靴の内部の湿気は全く改善されませんので風通しの良い場所で出来るだけ早く陰干しをすることが有効な手段となります。

げた箱などに収めていた場合、内部に湿気が篭るため靴の乾燥がなかなか進みませんので、下駄箱には収めないほうが細菌を減らすには効果的だと言えるでしょう。

消臭スプレーを使用しても、細菌は一切減りませんから、とにかく乾燥をすると言うことが、細菌を減らし臭いを無くすために必要です。

靴下・ストッキングと足の臭いの関係

すとキング
靴下やストッキングと臭いの関係ですが、これは非常に密接に関係しています。

靴下の場合、足の汗を吸いますし、足の皮脂が付着しやすいため、細菌が繁殖しやすい環境が整っている場所だからです。

ストッキングの場合、汗は吸いませんが見た目以上に通気性が悪いため、ストッキング内部に湿気が篭りやすく、これも細菌が繁殖しやすい環境になってしまっています。

ですので汗をかきやすい靴を履いていたり、汗をかきやすい季節には靴下をこまめに変えたり、ストッキングを履き続けないことで、細菌の繁殖を抑え臭い軽減につながるでしょう。

関連記事 : 気になる足・靴の匂いをコレで消せ!消臭殺菌のオススメランキング

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る