コンテンツ詳細

釣りやキャンプに山登り、アウトドアは青空の下に心地よい汗を流せる素晴らしい趣味ですよね!
しかし、その汗が原因である悩みが生じる事があります。それは、、

ズバリ、靴の臭い!!

特に登山やをされる方であれば、帰宅後トレッキングシューズが不気味な臭いを放っていた…なんて経験をされた事があるのではないでしょうか?

そんな靴の嫌な臭い解消法について、炭を使って出来る方法をメインに、靴の臭いを解消する方法をご紹介していきます!!

まずはどうして靴が臭くなるのかを知ろう!

靴が臭くなる原因

  1. 足の裏が汗をかく。
  2. 靴の内部が、臭いの原因を作る細菌が活動するのに適した高温多湿の環境になる。
  3. 細菌が活動、足の角質や汗の成分を分解して臭いの原因物質を作り出す
  4. 靴を脱いでも臭いの原因物質と細菌は靴についたまま緩やかに活動する。
  5. 再び靴を履いた時それらはまた活発に活動し、嫌な臭いを作り出す
  6. ①〜⑤の流れを繰り返し靴の臭いがどんどん強くなっていく。

以上になります。要は臭いの原因を作る細菌の活動を抑制できれば靴の臭いを改善できるんですね!

どうせれば改善できる?オススメ臭い解消法!

炭で靴の臭い消臭

前項ではどうして靴が臭くなるのかについて解説しました。靴の臭いの原因は、細菌が角質や汗を分解して発生する物質でした。

つまりこの細菌の活動を抑制し、細菌が作り出した臭いの原因物質を除去すれば良いのでしたね。
この項では具体的にどうすれば臭いを改善できるのかをご紹介していきたいと思います。

靴に木炭を入れる

  1. 炭を入手する。
  2. 靴に合う大きさに整えた炭を1日靴の中に入れておく。

!注意!
炭は限界まで物質を吸着すると、それ以上吸着できなくなるので1日おきに取り替えること。同じ炭を何度も使いたい場合はお湯をかけたり、天日干しすればまた効果を発揮してくれます。

以上です。めちゃくちゃ簡単ですね!笑
では、どうして炭で臭いが解消できるのか気になる!という方のためにその原理を解説したいと思います!

どうして?炭を使って臭いが解消できるわけ

ここは若干ややこしいですので順を追って簡単に解説していきます!

  1. 木炭は、構造としてたくさんの気孔(小さい穴)がある『多孔質』という性質を持つ。
  2. これが水分や物資の吸着機能を生み出し、臭いの原因物質や、原因を生み出す菌を吸着してくれる。(ちなみに1gあたりテニスコート1面分の吸着効果を持つと言われています。)

以上になります。

補足としまして、web上ではよく備長炭を用いた方法が散見されますが、臭いの解消を目的とするのであれば針葉樹の炭を使うことをお勧めします。

備長炭は樫という広葉樹を用いておりますが、広葉樹よりも針葉樹の方が気孔の数が多いため、臭いの解消という点に関しては針葉樹が適しているのです。

もちろん備長炭にも吸着効果はありますので、針葉樹の炭が入手できないのであれば備長炭を用いても問題ありません。

靴を使い回す

見落としがちだけど、意外と有効な対策法がこの靴を使い回しにするです。

靴が臭くなる原因の項でも確認しましたが、靴を毎日履くことにより靴の内部の臭いの原因菌はどんどん増殖していきます。

そこで靴を休ませる期間を設けてあげる(=靴内部に付着した臭いの原因菌の繁殖を抑え、数を減らす)だけでも臭い対策にはなるのです。

単純な手段ですが、お金を使わずに手軽にできる効果的な対策の一つであると言えると思います。
この靴を休ませている間に炭を入れておけば、効果はさらに期待できます!

靴を洗う

これもまた基本中の基本ですよね。しかし靴の種類によって洗い方は変わってくるものです。そこで、スニーカー、ブーツ(登山用も含む)、革靴、ウェーディングシューズの洗い方を解説したいと思います。

スニーカーの場合

  1. 中敷と靴紐を外し、洗濯ネットに入れ洗濯する。そのあとは普通の洗濯物と一緒に干して良い。
  2. 靴用の洗剤(無い場合は洗濯用洗剤で)をぬるま湯に溶かし、一時間ほどつけ置きする。
  3. たわしでこする。特に靴の内側には臭いの原因菌は付着しているので、丁寧に洗う。
  4. 泡をしっかりと洗い流し、風通しの良い場所で陰干しする。

ブーツの場合

  1. 中敷と靴紐を外し、洗濯用ネットに入れ洗濯する。普通の洗濯物と一緒に干して良い。
  2. 丁寧にブラッシングし土や砂を落とす。
     特に登山用シューズの場合、汚れが残っていると怪我にもつながるのでしっかりと落とす。靴の裏に挟まった小石やゴミもドライバー などを使い取り除く。
  3. 水洗いできるかどうか表示タグを見て判断する。(洗えない場合は ⑦へ、洗える場合は④へ)
  4. 中性洗剤を水に溶かす。革製であれば、専用の洗剤を用意する。
  5. タオルに③で作った洗剤または専用の洗剤を含ませ、②で落としきれなかった汚れを落とす。
  6. タオルで優しく押さえながら水気を取っていく。
  7. 風通しの良い日陰で3日ほど干す。

革靴の場合

  1. 使い古した布に水を含ませ、それで靴を湿らせる。
  2. 水を含ませたシポンジに革靴用洗剤をつけ洗う。特に中は重点的に洗う。
  3. 使い古した布で泡を拭い取る。
  4. 乾いた布や雑巾で軽く表面を叩くようにしながら水気をとる。
  5. 靴がパンパンになるまで新聞紙を詰め、風通しの良い日陰で1日干す。

注意!革靴用洗剤が無い場合は洗わないでください。型くずれの原因となります。

以上が靴の洗い方になります。臭いを対策する上で大事な方法ではあるのですが、靴を傷めて寿命を縮めてしまう恐れがあるためあまり頻繁に行える対策ではありません。

特に革靴や型崩れさせたく無いお気に入りの靴なんかは他の靴を傷つけずにできる対策をとることをお勧めします!

ウェーディングブーツの場合

  1. ブーツタイプの場合はまず、靴の裏に挟まった小石やゴミをドライ バーなどを使い取り除く。
  2. 中性洗剤を水に溶かす。
  3. 裏返せるタイプの物の場合は裏返し、たわしで軽く擦る。
  4. 水気をよく切り、2日ほど陰干しする。

ウェーディングシューズは乾燥させると硬くなる事があります。その場合は一度水に濡らすと履きやすくなります。

あまり頻繁に取れる対策法ではありませんが、大事な方法の一つです。大切な靴を長持ちさせるためにも、正しい洗い方で洗うようにしましょう!

ミョウバンスプレーを使う

低価格で出来て、殺菌作用も制汗作用も持つ万能な対策法、それがミョウバン水スプレーです。

ミョウバンはスーパーや薬局などどこでも買うことができ、値段も200円ほどと手軽に購入することができます。
まずはミョウバンスプレーの作り方を簡単にご説明しますね!

  1. 水300mlに対してミョウバンを大さじ2杯分入れる。
  2. よくシェイクすれば出来上がり!

あとは完成したミョウバンスプレーを足にかければ殺菌&制汗作用の効果があります。靴にかけても殺菌作用が働きますのでふりかけてあげてください!

どうしてミョウバンスプレーが殺菌&制汗作用を持つのか気になる!という方のためにその原理がどうなっているのかを解説したいと思います。

  1. ミョウバンには水に溶けると酸性になる性質がある。そのため足や靴にふりかけると、アルカリ性の臭いの原因物質を中和(消臭)する。
  2. ミョウバンには収斂作用(組織を収縮させる作用)がある。そのため汗の気になる部位にふりかけると制汗作用が期待できる。

この二つの性質のおかげで殺菌作用と消臭作用が期待できるのです!お金をかけずに臭い対策をしたい!という方にはオススメの方法です。

また、このミョウバンスプレーにハッカを大さじ一杯分入れる事で、自家製虫除けスプレーも作る事が出来ます!Do It Your self.何でも自作してみたい!という方は是非お試しあれ♪

忙しいあなたのために!足の臭い対策法・まとめ

足の臭いを炭で消臭
前項では様々な臭い対策についてご紹介しました。この項では、どのような対策法があったのか、改めて見て行きます!気になる対策法があれば是非立ち戻って読んでみて下さい♪

  • 靴に炭を入れる
  • 靴を使い回すようにする
  • ミョウバンスプレーを使う

以上になります。これらの対策以外にも、足を丁寧に洗う、靴下は清潔なものを履くなどの基本的な事もきちんと行うようにしましょう。

この記事が、あなたの臭い対策の一助になれば幸いです。

靴臭い対策の総集編はこちらから!

関連記事 :
靴の臭いを取る方法23個!我慢できない夫のニオイを取る全手法

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る