コンテンツ詳細

季節を問わずに気になるのが足の臭いです。

体臭が強くない人でも、ブーツや革靴を履く機会の多い方は足臭いと感じ、敏感になってると思います。

夏場はサンダルなどの露出した靴を履いているにも関わらず、足の臭いが発生し困っている方も多くいます。

足臭い!の原因からクエン酸での対処方法を詳しく説明していきますので、今後あなたが足の臭いで悩ませれることがなくなります!

クエン酸とは?!

クエン酸について
そもそもクエン酸とはなにか?
説明していきます。

クエン酸は無色透明の有機酸の一つです。

特に臭いはなく、酸味があるのが特徴です。

わかりやすく説明すると、レモンやグレープフルーツなど柑橘系の食べ物を食べたときに、酸っぱいと感じることがあるかと思いますが、これがクエン酸です。

クエン酸のもたらす効果は今では健康食品から美容用品、食材や飲み物にまで使われるほど注目を浴びています。

なぜ

クエン酸の効果効能

クエン酸は足臭いの原因を改善するのはもちろん、夏バテや疲労回復効果もあります。

疲労回復には「アデノシン三リン酸」というエネルギー源が必要となるのですが、それを活性化させるのにもクエン酸が必要となり疲労回復にも効果的です。

ではなぜ臭いの改善にもクエン酸が良いのか?

クエン酸は酸性なので臭いの原因となるアルカリ性の臭い(足の臭い)などを中和させる働きがあり臭いを抑えることができます。

その他にもクエン酸は食欲増進効果や、血流改善、美肌効果があります。

足臭い!と感じる原因は?!

原因は

実は足の臭いの主な原因は、汗や角質が分解されることにより発生する物質が原因となっています。

体のほぼ全身にある「エクリン腺」から出る汗。これは通常サラサラし臭いの出にくい汗なのですが時間の経過とともに細菌が汗を分解し「イソ吉草酸」という物質(納豆の臭いにも含まれる)を作り出し臭いを発生させてしまいます。

角質となってしまうとなかなか臭いが落とせなくなってしまいますが、抗菌作用のあるクエン酸の力で改善できますので詳しく説明していきたいと思います。

ここさえ抑えていれば、あなたが足の臭いで悩まされることはなくりますので参考にしてみて下さい!

足臭いと感じたときになぜクエン酸が効果的なのか?

なぜ

クエン酸には臭いを抑えるさまざまな効果があります。

「抗菌作用」

抗菌作用
クエン酸は細菌臭の原因となる微生物の繁殖を抑える働きがあり、消毒用としても使われています。

「消臭作用」

消臭作用
嫌な臭いとされる納豆臭、アンモニア臭、生臭臭これら全てアルカリ性の臭いなのですが、酸性のクエン酸はアルカリ性の臭いに対して中和作用があるので非常に効果的に消臭できます。

主にこの二つの効果が足の臭いの原因を抑えます。

一度角質などになってしまうと頑固でなかなか落とせなく、足臭いと感じる元を断ち切ることができないのですが、クエン酸はそんな頑固な臭いにも効果的なので足の臭いを対処するのに非常にオススメです。

足臭い!と感じたら早めにクエン酸

早めの対策

足の臭いが感じ始めたら角質になる前にクエン酸で対処することをオススメします。
クエン酸には溶解・はく離作用もありますので、角質になってしまっても問題なく対処できますが、角質になると非常に頑固なので早めに対処するのが良いです。

初期の段階ですとそこまで「足臭い!」と感じることはないと思いますが、一度自分の足の臭いをチェックし少しでも臭いを感じたのであればクエン酸で対処しましょう。

足臭い!「クエン酸」を使い足の臭いを消すには

やり方

スタンダードな方法

スタンダードな方法
足が入る大きさの容器に40℃前後のお湯を入れ、クエン酸を大さじ2〜3入れ溶かします。

容器に足を入れ20分程放置します。

オーソドックスな使い方はこれになります。効果もすぐみられ、足の臭いともサヨナラできます。足臭い!って方は是非、試して下さい。
これ以外でもスプレーなどの容器にいれてスプレーとして使うことなどもできますので自分のやり易い方法で使ってみて下さい。

角質になる前のクエン酸での対処方法

角質になる前の方法
角質になる前であれば、スプレーだけでも足臭い!と感じるのは対処できます。

クエン酸の消臭作用は非常に効果が高いので角質になる前から試しましょう。

角質になってしまってからのクエン酸での対処方法

角質になった後の方法
一度角質になってしまうと角質になる前に比べ大変です

ですがクエン酸の「溶解・はく離作用」により対処はできます。

上記で記載した容器に足を入れ放置する方法が一番良いのですが、通常よりも長く30分以上足をつけることにより足臭いと感じるのはなくなります。

クエン酸にも種類があるがどれを使えばよいのか?

クエン酸
クエン酸にも種類があります。一番気をつけたいのが肌荒れです。

掃除用のクエン酸だと他の成分も混ざっていたりし、肌荒れの原因になりますので掃除用以外の食品用などのクエン酸をオススメします。

足臭いを消すために価格の安い間違ったクエン酸を使い、肌荒れにならないように気をつけましょう。

足の臭いを消すために使うので問題ないとは思いますが、注意点としては、「市販の塩素系洗剤と混ぜない」、「大理石に使わない」です。

塩素系洗剤はクエン酸と混ざると有毒ガスが発生することがあり危険です。

大理石は主に炭酸カルシウムなので酸で溶けることがあります。
ですが、食品用以上のクエン酸であれば特に問題はないです。

「足臭い!にクエン酸」のまとめ

クエン酸

今回は足の臭いにクエン酸が効果的!ということで紹介していきましたがまとめると

  • クエン酸には「抗菌作用」、「消臭作用」、「溶解、はく離作用」があり、足臭いと感じたときの消臭に効果的!
  • 角質になってしまってもクエン酸で消臭可能!
  • 掃除用などの間違えたクエン酸は使わない!

このようになります。
まずは、原因を考えてみましょう!

関連記事 : 足が臭い原因と対処法を総まとめ!あなたはどれが原因?

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る