コンテンツ詳細

毎日、自分の好きな食べ物だけを体内に取り入れてる方は特に注意が必要です。

実は、食べ物にも体や足を臭くさせる原因がものすごくあるからです。

多くの方が好きなお肉やアルコール類これらは何からできているのか知ってますか?

今回は、なぜ食べ物が足臭くするのか、どんな食べ物なら平気なの、詳しく解説していきます。

臭いの原因になる食べ物を出来るだけ避けることで、体臭や、足臭いを解決してください☆

まずは足臭いのニオイの原因をしろう

臭い原因

足の臭いはどのように発生するかご存知ですか?

汗と答える方が多いと思いますが、半分正解です。

実は、足にかく汗は体のほどんどに存在するエクリン腺という汗腺からでる汗でニオイはないのです。

ですが、足には常駐菌と言われる細菌が潜んでいます。

この常駐菌は汗や角質を餌とし分解しそのときに分泌物として出す物質が臭いの元となるのです。

足臭い原因は本当に食べ物にあるのか?

足の臭いの原因

足臭いのは、汗を好む細菌が汗を分解し、繁殖するときに出す排泄物が主な原因なのですが、それを更に悪臭に変えるのが食べ物です。

では、どんな食べ物が悪臭を放つのか?

  • 肉や乳製品
  • にんにく料理やアルコール類

これらの摂取量が多くなると足の臭いが増します。

お肉や乳製品は摂りすぎることで皮脂の分泌がさかんになり臭いを発します。

また、にんにくやアルコール類は摂り過ぎると肝臓で処理しきれず汗腺に送られ汗として分泌されます、これが原因で足臭くさせます。

つまり、にんにくたっぷりの焼肉を食べ、アルコールを飲む。

このような食生活が多い人ほど、足が臭いです。

これを読み「ドキッ」としてる方もいるのではないでしょうか?笑

では、どんな食べ物を摂るようにすればいいの?

ビタミン

足臭いを予防する食べ物は緑黄色野菜を中心に、体に摂りいれていくと良いです。

オススメの食材はビタミンA、ビタミンB2、ビタミンEが豊富に含まれるもの、腸内をキレイにする食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌を摂るとよいです。

臭いの原因になる食べ物ばかりを摂り過ぎると体の中に悪いものが溜まりやすくなり臭いとして分泌されてしまいますので注意しましょう。

足臭い予防に必要な栄養素

栄養そ

  • ビタミンC
  • 水溶性のビタミンで、抗酸化作用があります。体臭予防、風邪予防、美容などにもかかせない栄養素です。
    ビタミンCは「海藻類、パセリ、人参」などに多く含まれています。

  • ビタミンB2
  • リボフラビンという別名でも知られているビタミンB2。脂質の分解に深く関わってくる栄養素なので体臭予防、ダイエットにも効果があります。

    ビタミンB2は「ウナギ、レバー、納豆」などに多く含まれています。

  • ビタミンE
  • 脂溶性ビタミンで、こちらも酸化を防ぐので体臭予防にかかせない栄養素となります。

    ビタミンEは「小麦麦芽、ナッツ類」などに多く含まれています。

この他にもワインなどに含まれるポリフェノールも抗酸化作用があり体臭、足臭予防になります。また、ベータカロチンが豊富な緑黄色野菜も腸内をキレイにする食べ物なので、どんどん摂り入れる様にしましょう。

足臭い原因は食べ物にあり!まとめ

まとめると

今回は体臭、足臭いに繋がる食べ物と摂るべき食べ物について説明してきました。

まとめると

  • お肉や乳製品、アルコール類など臭いの原因となる食べ物は摂りすぎない
  • 食べ物が原因の臭いは摂りすぎることで分解しきれず汗腺に送られ分泌するため臭う
  • ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンE、が多く含まれる食べ物や緑黄色野菜を摂る様にする

このようになります。

普段の食生活を見なおすことで、体臭や足臭さだけでなく、体調や健康面も良くなりますので、是非参考にしてみて下さい。

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る