コンテンツ詳細

誰もが一度は経験のある足臭さ・・・

実はこれ雑菌(細菌)が原因だって知ってましたか?

この細菌かなりしぶとく適切なケアをしないとなかなか殺菌できないんです。

そこで今回は、正しい足のケア方法で効率よく雑菌できる方法を説明しようと思います。

読めば足臭いで悩むことは無くなりますので最後までお付き合いください♪

足臭いの原因は細菌にあり!?

細菌イメージ

ではなぜ細菌が足臭いの原因なのかを詳しく説明します。

足はエクリン腺という汗腺(カンセン)から汗を出します。

エクリン腺は体のほとんどに存在し透明で無臭の汗となります。

無臭なのに臭うのには理由があり、足に潜む常駐菌(細菌)が足の汗や角質、垢を好みます。

細菌が汗を分解することで繁殖し、そのときに出す分泌物がアルカリ性の臭いを放つ物質となります。

つまり、雑菌を適切に殺菌することにより細菌の繁殖を防ぎ、足臭いを抑えることができるのです。

関連記事 : 足が臭い原因と対処法を総まとめ!あなたはどれが原因?

適切なケアで殺菌!足臭いから開放

足の臭いから解放

適切なケア方法として、どれだけ足や靴の細菌を殺菌し減らすか、繁殖しにくい環境にするかが大切となります。

この状態をつくることにより足臭いから開放されます。

簡単にできるケア方法

ケア方法

一日履いた靴に新聞紙

新聞しが効果あるの?

ほとんどの方が出かける前に履いた靴を一日中履き続けると思います。

この一日中履いた靴は中が高温多湿の状態になっている為、細菌が繁殖しやすい状態になっています。

そこで湿気を少しでも早く効率よく取り除くのに新聞紙が役立ちます。

新聞紙を靴の中に入れておくだけで靴の水分を吸収し、 早く乾きます。是非お試しを。

日陰干で細菌の増殖を防ぐ

天日干し

直射日光を当てても大丈夫な靴はそれだけで殺菌でるのですが、革靴やブーツなど太陽光を当てると縮んでしまったり変形・変色する靴があります。

そのような靴は通気性の良い場所で日陰干しをすると良いです。

通気性をよくする理由は中の湿気をより早く乾燥させるので細菌の増殖を防ぐことが可能となります。

毎日同じ靴を履くのをやめる

靴

一日履いた靴は毎日履くのはやめましょう。

毎日履くと靴の中が乾燥できず、足臭いの原因を更に増加させてしまいます。

一度履いた靴は2〜3日通気性の良い場所で保管するようにすると良いです。

適切な洗い方で足臭いを取り除く

洗い方
素足を清潔に保っておかないと靴を更に臭くする原因となります。

爪を短くし垢が溜まらないようにするのはもちろんのこと、指と指の間をきちんと洗い殺菌することが大切です。

可能であればよく泡立てた泡を足の指の間に乗せ、しばらく置いてから洗い流すときちんと殺菌もでき、更に効果的です。

0円からできる足臭い予防と殺菌

今回は0円から出来る足の臭いの予防方法と殺菌方法について案内しました。

素足への適切なケアと靴やブーツの保管方法がとても重要になるのがわかったと思います。

誰でも0円からできる簡単な方法なので是非試してみてくださいね♪

関連記事 : 気になる足・靴の匂いをコレで消せ!消臭殺菌のオススメランキング

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る