コンテンツ詳細

いきなりですが、靴って本当にすぐ蒸れて臭くなりますよね。

少し気温が上がってくると、靴下と革靴に包まれた足は臭いを放ち始めます。

ひどい人だと冬でもそうかもしれませんね。

あの納豆みたいな濡れた雑巾みたいな悪臭をどうにかしたい、誰か取り方を教えてくれ!と誰もが一度は考えて、実際に何かしらやってみたことがあると思います。

でも、あまり効果はなかったんじゃないでしょうか?それもそのはず、上っ面の対策は実は臭いの根本原因にはアプローチできていないんですよ。

そう、本当に大切なのは臭いの原因を知ったうえで対策すること。

ここでは、靴の臭いの「真犯人」を知り、そいつを退治するための効果的な方法をご説明します。

そもそも靴は、なぜ臭う?

なぜ臭うのか?
「汗をかくから臭くなるんだ」とお思いの方が多いのではないでしょうか?

「汗臭い」という言葉もありますしね。しかしこれ、実は正しいようで間違いなんです。

体臭がひどい人と、靴が臭い人がイコールなのも間違っている様です。

臭いの元は「イソ吉草酸」!

イソ吉草酸
靴の臭い物質の正体は脂肪酸の一種である「イソ吉草酸(いそきっそうさん)」

弱酸性だから、あの納豆のような腐ったチーズのような、少し酸っぱい感じの臭いになっているわけですね。

イソ吉草酸は、悪臭防止法(そんな法律があるんです!)の中で「特定悪臭物質」として指定されているほど強烈な悪臭物質。

なんと、あのアンモニアの約2万分の1の量で臭いを感じるほどなんです。

問題は皮膚常在菌のバランス

菌のバランス
そして、このイソ吉草酸を生み出しているのが雑菌である皮膚常在菌。

皮膚常在菌といっても様々あり、いつもは善玉菌である「表皮ブドウ球菌」がそのほとんどを占めています。

この表皮ブドウ球菌は、皮膚や角質を食べてよい香りの脂肪酸を生み出して皮膚を弱酸性に保ち、アルカリ性を好むカビや悪玉菌をブロックする役割を持っています。

しかし、足の中はご存知の通りの高温多湿環境。はっきり言って不潔で汚いんです。

すると、黄色ブドウ球菌や真菌などといった悪玉菌がここぞとばかりに大増殖、善玉菌を抑えてしまいます。

皮膚や角質を食べて同じく脂肪酸を排出するのですが、これがあのイソ吉草酸。

ちなみに、黄色ブドウ球菌は食中毒や感染症の原因菌、真菌の一種白癬菌は水虫の原因菌です。

靴の臭いを放置することは、単に臭いという以上に重大な感染症を本人や周囲に広げる可能性すらあるんです!

このように科学的に臭いの原因を突き詰めれば、世にある対策の多くはあまり効果的ではない、というのが分かってきます。

あなたの臭い対策はここが間違っている!

間違い
靴や足臭い匂いを防ぐためにいろいろ方法はあるのですが、なかなか効果がない、という方も多いと思います。

もう靴を履く気が無くなるくらいニオイがキツくなっている方は、いくつか、よくある「誤解に基づく間違った対策」を紹介するので参考にしてみてください。

靴の中に防臭スプレーを吹きかける

防臭スプレー
最も一般的なのが、帰宅して靴を脱いだ後に消臭・防臭スプレーを吹きかける方法。

でもこれ、一瞬臭いが消えたように感じても、実は消えたように感じさせるために香料を混ぜ込んでいたりして、効果が長持ちすることは多くありません。

理由は簡単で、臭いの原因である悪玉菌には何らアプローチをしていないから。表面的な防臭をしたところで、菌を抑制しなければ根本的な解決にはなりませんよねえ・・・

足裏をごしごし洗う

洗う
となれば足裏をきれいに洗えば解決するのかと思いきや、これも二つの意味で間違った方法です。

第一に、指の間や爪の中がおろそかになりがちだから。足の裏だけ洗っても意味がないんですよ。

なぜなら、指の間には汗が、爪の中には垢(皮脂と角質でできてます)がたまっており、これをきれいにしないと臭い対策にはなりません。

第二に、きれいに洗うということは悪玉菌を殺菌することであるのと同時に、善玉菌である表皮ブドウ球菌も洗い流してしまうから。

石けんはふつうアルカリ性ですよね?これで悪玉菌も善玉菌も無差別に洗浄してしまった後は、実はアルカリ性を好む悪玉菌の方が繁殖しやすいんです。結果、すぐに靴の臭いは復活してしまいます。

重曹水に足をつける

重曹水
最近掃除や洗濯などで注目を集めている重曹。

実は防臭力や洗浄力の高い物質であるため、これを水に溶かして足湯の様につけることで、靴の臭いを防ぐことができる、という話も多く出ています。

しかし、これも実はこれまでと同じ理由で臭い対策としては不十分。

重曹は殺菌作用がありませんし、アルカリ性であるため後で善玉菌が増殖しづらいんです。

重曹も、その場では劇的に臭いがなくなったように感じても、すぐに元に戻ってしまう可能性の高い対策と言えるでしょう。

本当に効果のある対策とは?

ここまでくれば、効果的な対策のポイントが分かると思います。

  1. 善玉菌を残しつつ足を洗浄
  2. 高温多湿環境のコントロール

この二点です。

ミョウバン水で足を弱酸性に保つ

足を洗うのはもちろんのことですが、その後に重曹水ではなくミョウバン水を使うことをお勧めします。

ミョウバンは漬物にも使われる保存料で、殺菌作用や制汗作用があります。しかも、弱酸性なので「善玉菌に優しい」というのが大きなメリットです。

このミョウバンを水に溶かして、ミョウバン水を作ります。割合は、水1.5リットルに対しミョウバン50gほど。ちなみにこれぐらいの量のミョウバンであれば、ドラッグストアやスーパーの漬物コーナーで100~200円ほどで売っています。

このミョウバン水を20倍程度に薄めてスプレー容器に入れ、風呂上がりの足に吹きかければOK。もちろん、朝出かける前に足と靴に吹きかけてもかまいません。これを毎日続ければ、靴の臭いはだんだん改善されていきますよ。

まとめ

  • ・これまでの靴の臭い対策は間違い!
  • ・皮膚の善玉菌を残し、悪玉菌を増やさないようにすることが基本
  • ・普段の風呂に加え、ミョウバン水と菌ピタ君で悪玉菌だけブロック!

何事も、根本的な原因を見つめないと効果的な問題解決はできません。市販のスプレーや表面的な情報に流されることなく、今度こそ足の臭いを完璧になくしましょう!

関連記事 : 靴の臭いを取る方法23個!我慢できない夫のニオイを取る全手法

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る