コンテンツ詳細

足の臭いがいくら洗っても取れない、そんな方がいらっしゃると思います。

足の臭いはただ臭いというだけで済ませないものもあります。

身体の病気からくるものです。

もしかするとその足の臭いは病気から来ているものかもしれません。

いざ足の臭いで病気かもと言われても何科に行けばいいのかとか思うと思います。

今回はそういった足の臭いで考えられる病気の可能性とどこで対処すればいいのかなどを書かせていただきます。

足の臭いを改善???病院で診てもらうべき症状とは?

足臭い病院の関係
足の臭いがするだけで病気の可能性があるの?

と思いになる人もいるかもしれませんが大いにあります。

病気などの結果臭い始めるようなこともあるのです。

臭いを発してしまう可能性のあるものを幾つか紹介させてもらいます。

水虫

水虫
水虫菌はカビの一種で他人から感染することが多い病気です。

水虫菌が繁殖しやすい環境は通常の足の臭いの原因になりやすい雑菌やバクテリアなどの繁殖しやすい環境と似ているため、足が臭いと思ったらまず水虫菌の感染に注意しなければなりません。

水虫の原因である水虫菌自体は臭いはないことはないのですが、水虫が原因で皮膚が荒れてしまいその荒れた皮膚に臭いの原因である雑菌やバクテリアが入り込みより強い臭いを発してしまうことが多くあります。

なのでより強烈な臭いを発しているようなら水虫の可能性が考えられます。

水虫はかゆいものと考えられがちですができる場所によってはかゆみが出ないこともあるので注意が必要です。

肝機能低下

肝機能の低下
肝臓の機能にはいろいろとありますが、その一つに解毒作用があります。

解毒作用には食べ物のタンパク質などを分解した際に発生するアンモニアなどといった有害物質も解毒しています。

肝機能が低下してくるとそういった有害物質を無害に出来ない部分が出てきてしまいます。

その結果分解できなかった悪臭物質などといったものが血液に乗って全身に流れてしまい、その過程で一部が外に排出されてしまい足の臭いを始めとした体臭が発生してしまうことがあるのです。

糖尿病

糖尿病
糖尿病にかかってしまうと免疫力が低下してしまいます。

免疫力が下がってしまうと抗菌力が下がってしまうので、臭いの原因となる金が繁殖しやすく、足の臭いを始めとした体臭が発生しやすくなってしまいます。

多汗症

多汗症
多汗症は体温調整が必要ないときにも汗をかく、または必要以上に汗をかいてしまうという症状の病気です。

多汗症には足蹠(そくしょ)多汗症というものがあり、足蹠多汗症は足の裏だけが必要以上に汗をかいてしまうタイプの多汗症です。

汗を必要以上にかくというのは靴の中が雑菌やバクテリアなどが繁殖しやすい多湿の状態となりやすいのと、角質などが流れやすく繁殖するための栄養も多くなるため足の臭いが発生する原因となります。

何科を受診すればいいのか

何科を受診すれば良いのか?
足の臭いが発生した、病気かもしれないということで、何科を受診すればいいのかというところですが、基本的には皮膚科になります。

体臭が全体的に発生し身体の不調なども起こっている場合は、肝機能の低下などが考えられるので内科を受診するのも良いでしょう。

まとめ

まとめ
足を洗っても洗っても臭いが取れない場合は病気にかかっている可能性があるので受診することを考えましょう。

その際基本的には皮膚科を受診することをおすすめします。

水虫などもほっておくと治療完了まで時間がかかってしまうことになります。

おかしいと思ったら早めに病院に行き治療を行うようにしましょう。

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る