コンテンツ詳細

一年通して気になる足の臭い、そんな足の臭いですが肝臓が悪いと臭いが出るといったことを聞いたことはありませんでしょうか?

実は肝臓は機能が低下してしまうと臭いを出してしまうようになってしまうことがあるのです。

今回はそんな肝臓と足の臭いの関係性、そして原因などについて調べて行きたいと思います。

肝臓と足の臭い

肝臓と足臭い
肝臓にはいろいろと役割がありますが、その一つに有害なものを分解して無害なものに変えるという解毒作用があります。

その解毒作用なのですが、食べ物などタンパク質などを分解した際に発生するアンモニアなどの成分も分解しています。

そのおかげで通常は臭いとなって体から出ないように排出されているのですが肝機能が低下してしまうとそういった成分が分解しきれなくなってきます。

そうなってしまうと有害なものを無害に出来ない部分が出てきてしまいその結果分解できない悪臭物質などが血液に流れ全身に流れてしまいその過程で一部が排出されてしまい、足の臭いを始めとした臭いとなってしまうのです。

肝機能低下を引き起こしてしまう原因

肝臓と足の臭い原因
肝機能の低下を引き起こしてしまう原因はいろいろとあります。その中でも多いものを紹介させていただきます。

過度の食事や偏った食生活

食事
過剰に摂取された栄養や、分解された際に発生するアンモニアといった毒性物質の処理など肝機能への負担をかけてしまい機能低下の原因になります。

また早食いなども良くありません。

急速に栄養を摂取したことにより処理をするために肝臓も急激に働くことになるので負担がかかってしまいます。

過度のダイエット

過度なダイエット
ダイエットによる糖質制限は注意。

人間のエネルギー源であるブドウ糖の摂取が減ってしまうと体は肝臓にあるグリコーゲンをブドウ糖としてエネルギーに使い始めてしまいます。
これは肝臓が弱っているととても負担をかけてしまうことになります。

またダイエットとして避けられやすいのが肉などのタンパク質。

肝臓にはタンパク質と脂肪を結びつけてエネルギーとし送り出す役目も持っています。

タンパク質が不足すると脂肪だけが残ってしまい脂肪肝になる恐れがあります。

ストレスと睡眠不足

睡眠不足
過度にストレスを感じる血圧が上昇し肝臓に負担をかけてしまいます。

また睡眠中に細胞を修復したりしているため睡眠不足になると修復などがあまりできなくなり機能低下の原因になることもあります。

飲酒やタバコ

酒タバコ
お酒のアルコールや喫煙によるニコチンは肝臓で分解するときに非常に負担をかけてしまい機能低下につながります。

禁酒や禁煙がベストではありますがストレスの原因となって逆に負担をかけてしまう原因となってしまうので難しい部分です。

少なくとも過度なお酒の摂取や喫煙は避けるようにしましょう。

便秘

便秘
肝臓とあまり関係ないように見えますが排出されるべき有害物質が排出されない状態で、有害物質を分解するのは肝臓の役目です。

発生した有害物質を分解するために肝臓が働くことになるため負担をかけ機能低下につながってしまいます。

こんな症状は要注意

こんな症状に注意
肝機能が低下してくると臭いが発生するようになるだけではなく、体が疲れやすく疲れが取れにくくなったり、肝機能低下によるひどい二日酔いや、食欲の低下、手のひらが赤くなるなど

こういった症状が臭いとともに出ている場合は肝機能低下が原因の可能性があるため注意が必要です。

まとめ

まとめ
こういったように足の臭いの原因は肝機能の低下が引き起こしてるものかもしれません。

こういった足の臭いを改善するためにはストレスを減らすことや必要以上に負担をかける過度の飲酒など避けることが重要になってきます。

足の臭いが気になり始めたら食生活や生活習慣を改善してみるといいかもしれません。

また臭いの他にも症状がひどい場合は医師に相談することも忘れないようにしてください。

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る