コンテンツ詳細

梅雨や夏のゲリラ豪雨のせいで、仕事の行き帰りだけで革靴がぐっしょり濡れてしまうことがありますよね。

水に濡れているという不快感もさることながら、最悪なのが脱いだ後の靴の中の臭いです。

ただでさえ汗で蒸れて臭いのに、雨のパワーも相まって本当に毒ガス状態になります。あの臭い、何日も取れないんですよね~。

ここでは、濡れた革靴の臭いを取るための対策と、そもそも靴を臭いづらくする対策をお伝えしたいと思います。

雨の中を歩かないわけにはいきませんが、臭いの不快感を少しでも減らすことに役立てばうれしいです。

とにかく乾かせ!応急処置編

雨の後の靴の臭い応急処置

脱いだ靴は早く乾かさないといけません。ここでは、一刻でも早く乾かすための方法をお伝えします。

濡れた靴を放置すると…?

雨に濡れた靴を放置して乾くのを待っていると、一体どうなるのでしょうか。答えは、悪臭がこびりついて取れなくなります

というのも、実は臭いの犯人は高温多湿を愛する雑菌だから。皮膚にも住みついている雑菌が靴に移り、蒸し暑い環境の中で大量繁殖して臭い物質をせっせと作ってしまうんです。

おまけに、菌の中には食中毒や水虫などの原因菌も。濡れた靴を放置することは、ただ臭くなるだけではなく感染症にもつながる危険なことなのです。

とにかく乾かせ!新聞紙・ドライヤー・扇風機がオススメ

乾かす方法で一番有名なのが新聞紙。丸めて靴の中に入れておくと、新聞紙がいい感じに水を吸収してくれるので乾きが早くなります。

濡れた新聞紙を入れっぱなしにするとインキが靴に移ることがあるので、適宜新しいものに取り換えるようにしてください。

また、もっと手っ取り早く乾かしたい場合はドライヤーや扇風機の風を利用するのも一つの手です。

なお、生地を傷める恐れがありますので、ドライヤーは熱風ではなくて冷風に切り替えて使用してくださいね。同じく、革靴を干すときは直射日光が当たらないようにしましょう。

消毒用アルコールで除菌

塗れている間に増殖してしまった雑菌の対策も大事ですね。オススメなのは消毒用の液体のアルコールををつけた雑巾か、消毒用アルコールを用いているウェットティッシュで靴の内部を拭くことです。

できれば、靴を乾かす前に拭いておいた方がいいです。また、乾かした後もアルコールで拭いた方がいいですね。

でも、調子に乗ってびしょびしょにしてしまわないように注意してください。

これで、濡れてしまった靴の応急処置になるはずです。

そもそも臭くない足を作ろう

普段から臭くない足のケアをする

応急処置とともにやっておきたいのが、臭いを発してしまう足のケア。普段から臭いづらい足であれば、雨の時に濡れてもそこまでの惨状にはならないですからね。

足は「クレイブ」でよく洗おう

男性だとあまり石けんやボディソープにこだわる人は多くないかもしれません。

でも、世の中には臭い対策に効力を発揮する、しかも男性向けのボディソープがあるんです。

それが加齢臭対策ソープ「クレイブ」。これには柿渋(柿タンニン)が配合されているんですが、柿渋と言えば歴史的に抗菌・消臭のために使われてきた由緒正しい成分。昨今の臭い対策グッズにも多く取り入れられているんですよ。

おまけに、特別な泥「クチャ」というのが使われており、皮膚の微細な溝にまで入り込んで汚れや臭いを吸着し落としてくれます。

このダブルの成分によって、臭いの原因となる菌や汚れを効果的に洗い流してくれるんです。

保湿効果のあるヒアルロン酸も配合されているので、洗い上がりも肌がつっぱりません。

クレイブ

クレイブ

強力な消臭ジェルで臭いを完封!

ちょっと洗ったぐらいで臭いが消えた気にならないという男性には、「クイックダッシュ」をオススメします。この製品はまさに「臭いの悩みが深刻な男性」に向けて作られた強力な消臭ジェルです。

一般的なクリームやジェルと違い透明で無臭なのですが、その分ごまかしのない本当の抗菌・消臭力で勝負。

中には抗菌力の高いアルミニウムイオンが配合されており、足で繁殖しようとする雑菌を強力に抑えてくれます

また、クロルヒドロキシAという成分が毛穴を引き締め汗を抑制。アルミニウムイオンとともに、足の雑菌繁殖をガードしているんです。

かつて8,400円で売られていたクイックダッシュですが、現在は2,900円(税別)。

これでも少し高いように感じるかもしれませんが、いちいち臭いを気にしたり対策したりする手間がこれ一本で省けると思えば、長期的には安い買い物ですよ。投資する価値は必ずあります。

クイックダッシュ

クイックダッシュ

まとめ

雨の後の臭い対処法まとめ

  • 雨で濡れた革靴は至急乾燥!新聞紙・ドライヤー・扇風機を駆使。
  • 消毒用アルコールで除菌すると臭いが消えやすくなります。
  • 日ごろからの足のケアも大事。加齢臭対策ソープ「クレイブ」で洗いましょう!
  • 最終手段クイックダッシュ。持続的に臭いを封じ込めてくれますね。

これらの対策を実行すれば、雨で靴が濡れてしまっても自分でケアできるはず。悪臭で靴をダメにしてしまう前に取り掛かりましょう!

靴臭い対策の総集編はこちらから!

関連記事 :
靴の臭いを取る方法23個!我慢できない夫のニオイを取る全手法

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る