コンテンツ詳細

突然ですが、旦那さんの靴の臭いにうんざりしてしまうこと、ありませんか?

毎日消臭スプレーも使っているし、本人も毎日お風呂には入っているし…臭いはずがない

それなのに靴を脱ぐと耐え難いほどの臭いが靴の中から玄関へ、玄関から洗面所へリビングへ漂ってくるんですよね!

それなのに、自分ではあまり気にしていなかったりします。

「男の勲章」とかふざける旦那さんもいるのでは?

そこで今回の記事では、不快な旦那さんの靴の臭いを取る方法を14個、さらに靴のにおいを予防する方法を9個と臭いの原因や詳しい情報も含めてお伝えします。

実践していただければ効果間違いなしですよ。

靴の臭いを生み出しているのは汗ではなく雑菌!

原因究明

まずは臭いのメカニズムを簡単にご説明しましょう。

見出しにもある通り、雑菌が臭い物質を生み出す条件の一つです。

靴は足の汗だけでは臭くならない

汗

汗だけでは、あの靴の臭いにはなりません。

確かに、足は汗をとても多く排出する器官。

なんと一日に200cc、およそコップ一杯の汗をかくと言われています。

しかし、同じように汗を多くかく手のひらはそこまで臭くなりませんよね?

実は、足や手のひらなど身体の大部分の汗はエクリン汗腺という汗腺から出るもので、ほとんど水分でできています。

ワキをはじめとした体のごく一部の汗はアポクリン汗腺という汗腺のもので臭うのですが、本来足の汗は臭わないはずのものなんです。

雑菌のもたらす臭いと脅威

雑菌

ところが、皮膚に住みつく雑菌が汗や皮脂、角質を分解することで臭い物質を作り出してしまいます。

これが臭いの正体。

雑菌自体はやはり全身にいるのですが、靴の中はご存知の通りの高温多湿環境。

臭いを生み出す雑菌が大量に繁殖するため、足や靴の中は特別臭くなってしまうというわけです。

おまけに、数ある雑菌の中には食中毒や肺炎など危険な症状をもたらす黄色ブドウ球菌、水虫の原因として有名な白癬菌などもいます。

そのまま靴の臭いを放置すると、そこから家族全員に感染症の危険があるということ。

問題は旦那さん一人では済まないんです。

厳選!夫の靴の臭いを取る方法

解決方法

このように雑菌対策の重要性が理解できたところで、いよいよどうやって臭くなってしまった靴の臭いをとるのかへ進みたいと思います。

大きく分けると、対策は以下の三つになります

  • 乾燥(除湿)
  • 消臭
  • 殺菌

何を差し置いてもまずは靴の乾燥!方法は3つあります

三つの方法

臭いを防ぐ最も大事な対策は何かと考えたときに頭に浮かぶのは、やはり靴の乾燥ですね。

先ほど述べたとおり、雑菌は密閉された靴の中の高温多湿が大好きだからです。

靴イメージ

陰干し

靴を乾燥させるためには、まずは靴を干すことです。

この時、直射日光に当てないでくださいね。

生地の劣化につながってしまいますので、必ず風通しの良い日陰で干すようにしましょう

乾燥剤

とはいえ、雨の続く季節は干す場所がなくて困りますよね…

そんなときは靴の中に乾燥剤を入れておきましょう。

靴の中の蒸れを取ることで臭いは緩和されますよ。

3, 新聞紙

新聞紙も吸湿効果がありますので、乾燥剤がない時は代わりに使用することができます。

適量を破って丸め、つま先からしっかり詰めていきましょう。

特に雨で靴が濡れてしまったときなんかはかなり効果を発揮してくれます。

関連記事 : 【必見】足臭いは殺菌するだけで改善?0円からできる対策方法

靴を消臭するための4つのブツ

乾燥の次は臭いを消すことですね。

靴の臭いを消す方法は4つありますよ!
4つのブツ

消臭スプレーで臭いが取れる!?

最もポピュラーな消臭剤、ファブリーズに代表されるような市販の消臭スプレーをシュッと一吹き。

でも、こういった消臭スプレーには香料が配合されており、使い続けていると香料と靴の臭いが混じりあってなんとも不快な臭いが靴にこびりついてしまうことがあります。

スプレーですから、使いすぎるとびちょびちょになりますしね。

関連記事 : 足の臭いをファブリーズで消そうとしてる人!!ちょっと待って!

重曹で、足の臭いが取れる!?

ですから、消臭にオススメできるのはスプレー以外のものを使うことですね。

代表的なのが重曹です。掃除、美容、料理のレシピにとなんにでも大活躍な重曹です。

重曹には消臭・除湿効果もありますので、靴の臭い取りにはもってこい。

重曹の粉を使わなくなった靴下のような布の袋に入れて口を縛り、靴の中に一晩入れておくといい感じに臭いを吸い込んでくれます。

しかも3カ月は使い続けることができるんです。コストパフォーマンスが高いのはうれしいですね。

関連記事 : 【足臭い人必見】安くて手軽な重曹で足の臭いとさよならしよう!

焦げたパンの耳で、足の臭いが取れる?


意外なところでは焦げたパンの耳も消臭効果があるんです。

「活性炭」の消臭効果、といえば聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

パンの耳を焦がすことで、即席の活性炭を作るわけですね

これを靴の中に一晩入れておくのも効果があります。

コーヒーの残りかすで、足の臭いが取れる!?

他にも、コーヒーの残りかすを靴の中に入れておく手もあります。

飲んだ後の残りかすをレンジでチンして水分を飛ばして使うとよいでしょう。

コーヒーの残りかすも、活性炭と同じように表面に多くの孔が空いていて臭いを吸着してくれるんですね。

重曹と言い焦げたパンの耳と言いコーヒーの残りかすと言い、簡単に購入できるもので消臭効果があるのはありがたいですね。

足の臭いを成敗!靴内を除菌してくれる「7人の侍」


先にも書いた通り、靴の臭いを生み出しているのは雑菌です。

だから、臭いを消すだけでなく、雑菌を取り除かないとすぐぶり返してしまうわけですね。ここからは、靴の中を除菌できる方法をお知らせします。

臭い足を石鹸で洗う

除菌

靴の中を除菌すると言ってまず思いつくのが「洗う」ということですね。

革靴や運動靴の多くは実は水洗いOKですから、洗剤をつけて靴用ブラシでしっかり洗うことが出来ます。

ちなみに、靴ひもを最初にはずして別途洗うようにしてください。

その理由は靴ひもは靴のほかの部分と色が異なることが多く、外さないでいると色移りすることがあります。

それに、靴ひもって入り組んだところにあるので、ブラシだとちゃんとキレイにならないですよね。

靴ひもは外して、ていねいにブラシでこすって汚れを良く落としてください。

靴も靴ひもも、洗った後はしっかり乾燥させることは注意してくださいね。

生乾きだとせっかく洗ったのにまた雑菌が繁殖してしまいます。

なお、合成皮革のような素材は水洗いNG。

洗う前に素材をしっかり確認するようにしましょう。

10円玉

10円

関連記事 : 今すぐにでも試せる!!靴の足臭いを10円玉で改善!その効果とは?

ブーツなどなかなか洗えない靴の場合は、身の回りにあるものを入れることで除菌することができます。

代表的なのが10円玉

10円玉の銅イオンには殺菌効果があるので、湿った靴の中に入れることで菌を抑えてくれます。

…ただし、10円玉が臭くなるのとたくさん入れないと効果が薄いのは頭に入れておきましょう。

わさび

食べ物系では、わさびという手があります。

わさびはお刺身に添えるくらいですから殺菌効果があるんですね。

まず、わさびを入れる前に靴はしっかり乾燥させておきます。

直接わさびを投入すると汚れてしまいますから、中敷き部分に新聞紙かキッチンペーパーを敷いてからわさびを入れてください。

靴の口の部分をラップで覆うと、わさびの殺菌成分が靴内部にとどまり続けるため効果が上がりますよ。

ただし、それでも長もちはしないので一晩たったら取り出してくださいね。

レモン汁

レモン汁も靴内部の殺菌に有効です。

レモンに含まれるビタミンCには菌の増殖を抑える効果があるんですね。

レモン汁をガーゼなどに含ませて靴の中に入れておくだけでOKです。

そんなに臭いがきつくない場合は30分ほどで効果を実感できます。でも、一日履き続けた革靴の臭いを取りきるには至らないかも…

冷凍庫に入れる!

靴を熱湯に入れ雑菌を死滅‥はできませんが、逆に冷凍庫で凍らせてしまうことで殺菌する、という手もあります。

ジップロックのような密閉された袋に靴を入れてしっかりと封をし、一晩冷凍庫に入れておくと低温殺菌できます。

取り出して解凍(?)した後も臭いは緩和されているんですよ!

でも、食材を入れるところに旦那さんの臭い靴を入れるのは気が引ける、という方もいるかもしれません…家族の中には嫌がる方もいるかもしれませんので、ご利用は慎重に。

ミョウバンスプレー

消臭スプレーの多くには殺菌効果がないのですが、ミョウバンを水に溶かして作ったミョウバンスプレーには強力な殺菌効果があるんです。

ミョウバンはスーパーやドラッグストアで売られています。

これを水1.5リットルに対し50gの割合で混ぜ合わせ、ミョウバン水を作ります。

このままスプレーしちゃってもいいのですが、さらに10倍くらいに薄めても十分効果があります。

原液は冷蔵庫で保管すれば1カ月くらいはもちますよ!

ミョウバンは酸性なのですが、菌は酸性に弱いのでミョウバンで退治することができちゃうんです

不思議な白い粉

ここまでいろんな消臭グッズをご紹介してきたのですが、洗ったりミョウバン水を作ったりするのは面倒ですし、10円玉・わさび・レモン汁はちょっと効果が弱いですし、冷凍庫に入れるのは衛生的に不安…ということで、どれも決め手に欠ける感があるんですよね。

そこでオススメなのが「魔法の白い粉」を使用することです。

この魔法の白い粉を革靴の中にふりかけて、前後に靴を動かして全体に行き渡るようにするだけ。

この魔法の白い粉で代表的なのは、グランズレメディと言う粉なのですが薬局などで売っています。

グランズレメディは海外製品で少し高いのですが、日本製でもグランズレメディと同じような成分の物も販売されていて2017年話題の商品です。

靴の臭いを消し去る魔法の粉ランキング!

フットクリア

商品名 フットクリア
金額 3,980円
形状 パウダータイプ
効果・効能 靴の防臭・殺菌
主成分 タルク、ミョウバン
公式サイト http://www.footclear.com/

このフットクリアとグランズレメディはよく比較されています。

こちらの記事で詳しく比較していますので参考にしてみてください♪

グランズレメディとフットクリア 比較

後は放置するだけで、雑菌を抑えることができるんです。

本当にメチャクチャ簡単です!

実はこのフットクリアにもミョウバンが配合されているので除菌効果があるんです。

靴を履く直前や脱いだ後に使用するのがコツです。

効果も半年続くと言われていますから、一時的な消臭にとどまらず臭いの事前防止にもつながるのがありがたい一品です。

フットクリア公式

関連記事 : 靴臭い原因と対策!魔法の粉、フットクリアとは!

靴の臭い予防!靴下・足の対策も重要です

臭くなった靴の臭いを取ることも必要ですが、その前に臭いを予防するという観点も重要です。

臭い予防のためには靴だけでなく靴下・足のケアも不可欠。


ここでは、そんな予防方法を9個もまとめちゃいました!

靴は複数購入してローテーションさせよう

旦那さんに同じ靴だけを毎日履かせていませんか?

毎日同じ靴を履けば、その分臭いがこびりついてしまう可能性も高くなるのでオススメできません。

毎日の仕事用靴も、2~3足は買ってローテーションさせるようにしましょう。

そして、履かない靴は上で紹介したような方法で乾燥・消臭・殺菌を行ってくださいね。

靴のサイズや素材選びにこだわれ!

臭い対策とサイズ・素材が関係するとは知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

ところが、関係大有りなんです。

サイズがきつかったりゆるかったりすると足にストレスをかけることになり、発汗量が増えると言われています。

汗が増えると湿度も上がり、雑菌の活動がより活発に。

必ず旦那さんとお店で試し履きを繰り返し、フィットする靴を買ってあげるようにしましょうね。

サイズが合わないものには、インソールを使うのもよいと思います。

また、素材も大事。

安い合成皮革やゴム製の靴はとかく蒸れやすく、臭い対策という観点からすると最悪。

値段は張りますが、革靴を履く機会が多いようであれば本革製のものを2~3足買うようにしましょう。

初めは高くつくことになりますが、それで臭い対策が楽になったり、ローテーションによって長持ちするようであれば、結果的にコストは低くなりますよ。

下駄箱の換気でカビ防止!


下駄箱って湿気がこもりやすくて、油断してると靴にカビが生えることがあるんですよ…

それに、他の靴の臭いがうつってしまうこともあります。

したがって、ときどき下駄箱から靴を出して開け放ち、換気するよう心掛けてくださいね。

靴下は5本指のものがオススメ

次は靴下対策。靴選びにも言及しましたが、同じくらい靴下選びも重要です。

気をつけたいのが、ストッキングにも使われるようなナイロン製の靴下。

汗を吸収しないので、汗は直接足や靴にたまりやすく、雑菌の繁殖しやすい状態を作り出してしまいます。

それに対して有効なのが5本指ソックス。

実は、汗がたまりやすいのは指の間なんですよ(だから水虫も発生しやすい部分ですよね)。

5本指ソックスであれば指を1本ずつ包み込んで汗を吸収してくれますし、指も動かしやすいので臭い対策にもなりますよ。

臭いのこびりついた靴下は重曹水orお湯につけおき

靴下は普通に洗濯されていると思いますが、中にはスポーツで使用したり長年の蓄積によって洗っても臭いが取れない靴下もありますよね。

そういった靴下は、事前に重曹水やお湯につけるのが有効です。

お湯の場合ですが、沸騰するような水温である必要はありません。

温度が高すぎると生地を傷めやすいことも考えますと、お風呂のお湯より少し高めの40~60度程度がいいでしょう。

この程度のお湯に30分ほどつけおきするだけで殺菌になりますよ。

重曹水の場合は、洗面器に張った水ないしお湯の中に大さじ2~3杯の重曹の粉を入れてよくかき混ぜてから靴下を投入しましょう。

重曹の持つ消臭機能によって臭いが取れますよ。

つけおきした後は、いつも通り靴下を洗濯すればOK。

これでこびりついた臭いの除去が期待出来るのです。

歯ブラシで足の爪の中を洗う

最後に足の対策です。

子どもではないので、旦那さんもお風呂の中できちんと足を洗っているはずですが、それでも洗い足りていないことがあります。

特に注意したいのが爪の中です。

爪の中には皮脂や角質のカタマリである垢がたまります。

皮脂や角質と言えば雑菌のえさ、これらを分解して臭い物質を作り出すんでしたね。

この垢を取り除かないと、洗っても洗っても臭いが取れない…ということもありえます。

しかし、爪の中は指では洗いにくいもの。

歯ブラシの毛先をうまく使えば、爪の中までしっかり洗うことができますよ。

爪は短く切りそろえる

もちろん、足の爪をこまめに切っておくことも美容はもちろん臭い対策という観点から重要なことです。

爪が伸びるまでは歯ブラシで毎日きっちり洗い、伸びてきたら切る…という生活習慣にするとよいでしょう。

通気性の低いスリッパ・靴下は避ける

できれば、毎日裸足でいたほうが足が蒸れないのでよいのですが…

冬の寒い時期もずっと裸足でいろ、というのは少し旦那さんがかわいそうですね。

それであれば、少なくとも通気性の低いスリッパや、ナイロンの靴下を履くことは避けてください。

屋内にいる間も、なるべく足を密閉しないよう心掛けるとだいぶ違いますよ。

消臭・抗菌クリーム「クリアネオ」で雑菌カット!

クレイアネオ

商品名 クリアネオ
金額 4,980円
形状 クリームタイプ
効果・効能 制汗・防臭・殺菌
主成分 イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛
公式サイト https://cleaneo.jp/

これまでご紹介した対策を行っても、寝ている間や昼間出かけている間が気になりますね。

この間、確実に足は汗をかき、雑菌は繁殖しています。

そこで、お風呂上りと出かける前の足のケアにオススメできるのが、消臭と雑菌の抑制に力を発揮する臭い対策クリーム「クリアネオ」。汗を抑えるだけでなく、有効成分「イソプロピルメチルフェノール」が雑菌の増殖を抑えてくれると人気なんです。

夜は1プッシュを片足ずつに分けて塗り込み、朝は1プッシュずつを両足に塗りこんでください。

これで夜間の雑菌の繁殖も、昼間靴を履いている間の雑菌の繁殖も抑えることができます。

しかも、公式サイトに書いてある通り「永久返金保証書」つき!製品に自信があるからこそ、効果の実感できない人は全額返金できちゃうわけですね。送料が無料なのも嬉しいポイント。

これは試してみる価値あり!と思いませんか?

クリアネオ公式サイト

関連記事 :
なぜ靴は臭いの?と不思議なあなたに!「クリアネオ」で最終解決!

まとめ

  • 原因は、雑菌。臭いだけでなく、雑菌も取り除かないといけません。
  • 臭くなってしまった靴のケアのために、乾燥・消臭・殺菌の三対策を行ってください。
  • 乾燥:陰干し・乾燥剤・新聞紙
  • 消臭:消臭スプレー・重曹・焦げたパンの耳・コーヒーの残りかす
  • 殺菌:洗う・10円玉・わさび・レモン汁・冷凍庫に入れる・ミョウバンスプレー・フットクリア


・靴の臭い予防のために、以下の対策をオススメします。

     

  •  :ローテーション・サイズや素材にこだわる・下駄箱の換気
  • 靴下:5本指ソックスを選ぶ・重曹水やお湯につけおき
  •  :歯ブラシで爪の中を洗う・爪を切る・通気性の低いスリッパや靴下を避ける・クリアネオを使用する

全部で23個!も対策をご紹介しました。

家庭内の平和と安全と健康のために、今日から一つずつ試してみてはいかが?

関連記事 : 気になる足・靴の匂いをコレで消せ!消臭殺菌のオススメランキング

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る