コンテンツ詳細

気温が上がってくると汗をかく量が増えますよね。汗をかく量が増えると気になるのが臭い。

お子さんのいるご家庭ですと、部活や遊びから帰ってきたお子さんの靴の臭い。

気になったことはありませんか?

特に、激しい雨の降った後、濡れた靴の臭さと言ったら…

冗談じゃないくらい臭いですよね。

ここでは、お子さんの運動靴の洗い方を中心に、臭いを取るための方法を予防するための方法を8つご紹介しちゃいます!

靴は酸素系の漂白剤を使って除菌!

ワイドハイター

靴の臭いの原因は雑菌。ちょっとした汚れならともかく、毎日のように履いている靴ですとなかなか簡単には汚れも臭いも落ちません。

でも、ワイドハイターのような酸素系漂白剤をうまく使えば、ガンコな汚れも落とすことができるんですよ。

洗って乾かした後に、除菌スプレーをするようにしておけば臭い予防もできます。

臭い退治のためには雑菌を防ごう!

雑菌を防ごう

なぜ靴があんなに臭くなるのかと言えば、靴の中で大量に雑菌が増殖し、臭い物質を作り出しているため。

人間の皮膚には雑菌が住みついているのですが、本来であれば皮脂や角質を食べて皮膚を清潔に保つ役割を果たしてくれます。

ところが、高温多湿の靴の中だと異常に繁殖してバランスを崩し、清潔にするどころか臭い物質を出したり、人間にとって害のある病原菌が増えてしまったりするんです。

だから、靴の臭いを防ぐとともに危険な菌の増殖を防ぐためにも、靴をしっかり洗って除菌することが大事なんです。

粉末タイプのワイドハイターで徹底的に洗う

洗う

運動靴であっても素材を見て、洗っても問題ないか確認するようにしてください。

めったにないとは思いますが、絹や羊毛などだと漂白剤を使用できませんので…

まず、汚れを石けんやブラシ(歯ブラシで可)でしっかり落としてください。

つけおきはその後です。

使用するのは、粉末タイプの酸素系漂白剤。

ワイドハイターがオススメですよ!

液体タイプだと洗濯機に使うもので、靴を手洗いするのには向いていません。

また、酸素系でなく塩素系だと靴の色が抜けてしまったり素材を傷めたりする可能性があるので、やはり注意してくださいね。

洗面器に40度前後のお湯を張り、粉末タイプのワイドハイターをよく溶かしてください。

ここに30分ほど靴をつけおきするんです。

これだけで、かなり除菌効果があります。

お湯にもワイドハイターにも雑菌は弱いですからね。

なお、最初に洗ったときには落ち切らなかった汚れが浮き上がってくることがありますので、ワイドハイターにつけおきした後もブラシでこすって落とすようにしてください。

重曹で洗うのもオススメ

重曹

肌の弱いお子さんの場合には、漂白剤の代わりに重曹を使用するのがいいでしょう。

つけおきするときも汚れを落とすときも、どちらも重曹で代用できます。

重曹はベーキングパウダーになるくらいで人体に優しいですし、ドラッグストアやスーパーで安く簡単に購入できるのもありがたいですよね。

ただ重曹には殺菌作用がありませんので、重曹で洗った後クエン酸水に入れてすすいでから干すと更によいのです。

クエン酸も、重曹と同じようにドラッグストアなどで入手できますよ。

つけおきした後はしっかりすすいで、風通しの良い場所でしっかり乾かしましょう。

生乾きだとまた雑菌の温床と化してしまいますから、乾燥は念入りに行ってくださいね。

洗った後の靴を乾かすために

靴を乾かす

雑菌は湿気を好みますから、洗った後の靴を確実に乾かすことは洗うことと同じくらい重要です(生乾き厳禁!)

洗った後はハンカチやタオル、キッチンペーパーなどで水気をふき取ります。

その上で、靴の中に新聞紙を丸めて詰めると乾くのが早くなります

時間がない時は、ドライヤーや洗濯機の脱水、布団乾燥機を使って乾かすようにしましょう。

なお、革靴など素材によっては熱風NGですのでご注意を。

10円玉やわさびで除菌できる

わさびと10円で消臭

洗った後の菌の抑制のために、実は身の回りの物を使えるんですよ。

それが10円玉やわさび。

10円玉が水に触れると、微量の銅イオンが溶け出します。

この銅イオンには殺菌効果があるんですね。

わさびも、お刺身に添えることからも分かるように菌の増殖を防ぐ働きがあります。

10円玉は直接でいいですが、わさびは下にトイレットペーパーやラップを敷いてくださいね。

除菌スプレーで臭い予防!

ワイドハイターや重曹で靴をしっかり除菌できるのはいいですが、ひんぱんに洗うのはちょっと面倒くさいですよね。

また、10円玉やわさびは身近にあるものですが効果が弱いのが気になります。

そうした観点から、「トレンティア」という消臭スプレーがオススメです。

トレンティア

商品名 トレンティア
金額 1,944円
形状 スプレータイプ
効果・効能 靴の殺菌・防臭
主成分 モルドクラッシュ、グレープフルーツオイル
公式サイト http://coreda.jp/

一般的な消臭スプレーは臭い物質を包み込んで放出するだけで、雑菌にはアプローチしてくれないんですが、このトレンティアは有機系抗菌剤が配合されていて、雑菌そのものを強力カットしてくれます。

もちろん臭い物質もカットしてくれるんですが、除菌効果が高いため臭い防止効果が普通の消臭スプレーより段違いに長持ちするんです。

いわば、ワイドハイターのつけおきを毎日数秒のスプレーだけでやってくれるようなもの。

コストパフォーマンスが高いので、ぜひ試してみてください!

トレンティア公式

靴だけじゃダメ!靴下・足の対策も不可欠。

靴だけ対策しても、靴下・足が汚ければ臭い対策の効果は薄いです。

靴下・足にはどういった方法が有効なのかご紹介しますね。

靴下もつけおき!ただし重曹水が有効

靴下

靴下は日ごろから洗濯していると思うのですが、つい汚れたまま何日も放置したり、生乾きになってしまったりして臭いが残ったままのことがあります。

そんな時にやってほしいのが重曹水へのつけおき。靴だけでなく、靴下も重曹水で消臭することができるんです。

つけおきした後は普通に洗濯すればOK。

これでもだいぶ効果がありますよ。

臭い専用のボディソープで根本から臭いカット

足はお風呂の中で洗うと思うのですが、一般的な石けんよりも臭い対策に効果を発揮するボディソープがあります。

それが体臭・加齢臭対策ボディソープ【FRESHU(フレッシュー)】

freshu

商品名 フレッシュー
金額 3267円〜
形状 ボディーソープタイプ
効果・効能 足の殺菌・防臭
主成分 柿タンニン、
公式サイト http://xn--n8jx27vlnh.net/freshu-soap

このFRESHUには柿タンニンが配合されています。

柿タンニンは抗菌や消臭の効果が認められていて、最近の消臭グッズによく使用される人気の成分。

FRESHUも柿タンニンの効果で足をはじめとした全身の臭いカット、雑菌カットが可能になるんです。

名前に「加齢臭対策」となっていますが、お子さんにも使用可能。

もちろん、加齢臭の気になるお父さんに使っていただいても問題ありません。

これさえあれば、家族全員の臭い対策になっちゃいますね!

ちなみに、足を洗うときは足裏だけでなく指の間や爪の中といった細かい部分も意識して洗うように心がけましょうね。

雑菌はこういったところにこそ溜まりやすいんです。

FRESHU公式

薬用デオラボクリームで雑菌対策は完璧!

deopluslabo

商品名 デオプラスラボ
金額 4,611円
形状 クリームタイプ
効果・効能 制汗剤・防臭
主成分 柿タンニン
公式サイト https://deopluslabo.com/lp/

最後に、抗菌効果のあるクリームを一つご紹介しておきましょう。

それが「薬用デオラボクリーム」です。

この薬用デオラボクリームには、厚生労働省が医薬部外品として認めたサリチル酸ナトリウムが配合

サリチル酸ナトリウムは殺菌作用が高く、雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。

それだけでなく、ミョウバンまで配合。

ミョウバンは食べ物にも使用される安全な成分なのですが、制汗・制菌作用があるんですね。

ミョウバン・サリチル酸ナトリウムのダブルの効果で、臭いだけでなくその黒幕である雑菌まで徹底的に取り除いてくれるんです。

デオプラスラボ公式

FRESHUでしっかり洗い、薬用デオラボクリームを寝る前と出かける前に塗る習慣を身につければ、足の臭い対策は完璧と言っていいでしょう。

ひょっとしたら、最初にご紹介したワイドハイターのつけおきはほとんど必要なくなってしまうかもしれません…(汗)

やはり、日ごろからのお手入れの方がたまの洗濯より大事なんですよ。

まとめ

なるほどですね

  • 酸素系漂白剤であるワイドハイターで靴をつけおきすれば除菌効果があります。
  • ワイドハイターの代わりに、重曹水でもOK。
  • 洗った後はしっかり靴を乾燥させましょう。
  • 靴下は重曹水のつけおきがオススメ。
  • FRESHUを使って足をしっかり洗わせること。

・薬用デオラボクリームを一日2回塗って雑菌を封じ込めましょう。

ここで紹介した方法を覚えて実践していただければ、臭いの悩みから解放されることを保証しますよ!

臭いがなくなったら、お子さんも喜んでくれるはずですよ~

関連記事 : 気になる足・靴の匂いをコレで消せ!消臭殺菌のオススメランキング

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る