コンテンツ詳細

暖かくなってくると気分も上がりますけれど、気になるのはやはり自分の靴の蒸れた臭い。

エレベーターや満員電車など、不特定多数と密集していると「周りに気づかれていないか・・・」と心配になることがあります。

それだけではなく、職場や飲み会(靴を脱ぐお座敷)で臭いが気づかれているんじゃないかと思って冷や冷やしますよね。

ここでは、臭い専用ボディソープとクリームの力で、頑固な靴の臭いを退治する方法をお伝えします。キーワードは「雑菌」です。

そもそもあなたの靴はなぜ臭いのか?

臭い
靴が臭くなるのは、別に特異体質ではなくて生活習慣や日頃の足・靴のお手入れの有無の問題。まずは靴が臭くなるメカニズムを勉強しましょう。

汗だけで靴は臭くならない

基本知識として、「汗は本来臭わない」というのを覚えておきましょう。

足を含めた多くの部分の汗は、「エクリン汗腺」という汗腺から出る汗。これは99%が水分、残りのほとんどを塩分が占めており、臭い物質が存在しないんです。

ちなみに、ワキや耳の裏などごく一部は「アポクリン汗腺」という汗腺から汗が出ていますが、これには脂質やアンモニアが含まれているためにもともと臭い。足の臭さとワキの臭さは別物なんですね。

靴を臭くするのは雑菌のせい

ではなぜ靴は臭うのか。そこには、皮膚に住みつく雑菌の働きが関わっています。

そもそも、足だけではなく私たちの全身に雑菌が住みついています。皮膚の皮脂や角質を食べて脂肪酸を作り出すことで、皮膚を弱酸性に保つ役割があるのです。

皮膚が弱酸性に保たれることで、アルカリ性を好む病原菌の類が人体に侵入しづらい仕組みになっています。実にうまくできているものですね。

しかし、靴の中のような高温多湿環境ですと、雑菌が異常に繁殖してバランスを崩し、皮脂や角質を分解してイソ吉草酸という物質を発生させます。

このイソ吉草酸、実は納豆にも含まれているという強烈な臭い物質。湿気もあって、靴の中は不快な臭いを発するようになってしまうのです。

問題は臭いだけではない!

臭い

雑菌が大量繁殖するわけですから、ただ臭くなるというだけで問題はすみません。

例えば、繁殖する菌のなかに黄色ブドウ球菌というものがいます。これは食中毒や肺炎などの原因としてしばしば問題になる菌なんですね。

だから、臭い靴の中や足を触った手で食べ物や食器類をつかんだら・・・自分だけではなく、周りの人をも巻き込んだトラブルに発展する可能性は十分にあります。

他にも、カビの一種白癬菌が足に取りつくことがあります。この白癬菌は水虫の原因。足がぐじゅぐじゅになって痛痒い状態を作り出すのみならず、さらなる雑菌の繁殖によって臭いがより強烈になる結果をもたらすのです。

このように、雑菌の繁殖によって靴が臭いを発するようになり、さまざまな感染症のリスクをもたらすことになります。

次からは、臭いを根っこから消し去るための「3つの掟」について述べることにします。本当にこれで靴の臭いは何とかなりますよ。

これだけで退散していく!靴の臭いへ「3つの掟」

退散
靴に臭い対策するのはもちろんのことですが、そこに入る足や靴下もきれいにしないと片手落ちもいいところ。

当たり前と言えば当たり前なのですが、靴・靴下・足をケアするのが「3つの掟」なのです。意外とできていないですよ~

「加齢臭対策ソープ「クレイブ」が男の悪臭を駆逐する!

世の中には臭い対策に特化したボディソープというものが存在するのですね。しかも男性向けのボディソープが。

クレイブ

クレイブHP

それが加齢臭対策ソープ「クレイブ」

細かい微粒子を持つ泥が皮膚の小さな溝まで入り込み、汚れを吸着して洗浄します。

また、防臭・抗菌成分の定番「柿タンニン」が含まれており、臭いの元となる雑菌を抑制。お肌に潤いを与えてくれるので、さっぱりとした洗い上がりです。

このクレイブで、足の指の間や爪の中まできれいに洗ってくださいね。こういった部分に汗や垢がたまりやすいんです。

洗い上がりの足に「デオプラスラボ」

風呂上りには、デオドラントクリームである「デオプラスラボ」を足の裏、指の間に塗り込みましょう。これで夜の間の雑菌の増殖をカット。

デオプラスラボ

デオプラスラボHP

ここにも「柿タンニン」が含まれているので、抗菌・防臭を長続きさせてくれるんですよ。

おまけに、医薬部外品として国に防臭効果を認められた有効成分「イソプロピルメチルフェノール」も配合されていますので、足の臭いにも確実な効能が期待できます。

靴下は洗濯前にまとめてお湯で消毒

靴下は基本的にこまめに洗濯すればいいわけですが、これまでの臭いの蓄積でただ洗っただけでは雑菌や汚れ、臭いが取れなくなっていることがあります。

そういった場合は、洗面器やバケツに50~60度ほどのお湯を注ぎ、洗濯前の靴下を放り込んで消毒を試みるとよいでしょう。

30分ほどつければ雑菌をある程度取り除くことができますので、あとは普通に洗濯すればいいだけです。

洗濯の手間が少し増えますが、これで臭いからオサラバできると思えば大したことはないはずですよ。

重曹の働きで靴を防臭&除湿

最後に靴ですが、ここに重曹を使うことで防臭と除湿が一気に実現できます。

使用しなくなった靴下を袋代わりにして、中に重曹粉末を入れて口をしっかり縛ります。この布袋を二つ作って靴の中に一晩入れておけば、臭いと湿気がダブルで取れているんですよ。

しかもこの重曹入り布袋、一晩だけではなくて最低2カ月は使えます。靴のみならず、湿気がちな下駄箱に入れておくのもいいかもしれませんね。

【まとめ】
いかがだったでしょうか。ちょっとした投資と手間で、靴の臭いが劇的になくなることを理解していただけたはずです。

靴の臭いをさせていると、仕事でもプライベートでも損をすることばかり。靴の臭いの心配から解き放たれて、新しい自分を見つけられるかもしれませんね!

足のニオイを消すクリームランキング

関連記事

ページ上部へ戻る